元・巨人軍投手の経営するうどん店が大行列『讃岐うどん 條辺』

グルメ

2016/12/13 07:30

IMG_0660

元プロ野球選手がラーメン店や居酒屋などの飲食店を経営することはよくある話だが、埼玉県ふじみ野市にある『讃岐うどん 條辺』ほど、成功している例は珍しいだろう。

條辺と聞いてピンときた人は、おそらく巨人軍のファンを20年近く続けているはず。

そう、この店は。1999年のドラフト会議で巨人軍から5位指名を受けて入団した元投手、條辺剛が経営する店なのだ。

IMG_0671


画像をもっと見る

 

■うどんチェーンより味・価格ともに良し

IMG_0647

しらべぇ取材班が訪れた休日の昼過ぎにも、地元の客と思われる人たちで大行列! いったいどれほどまでに元プロ野球選手の打つうどんは美味しいのだろうか?

IMG_0662

さっそく並んで待つこと数分、讃岐うどんの定番であるぶっかけうどんにわかめトッピングをオーダー。

1玉だと450円だが、2玉でも50円増しになるだけなので非常にコスパがいい。

IMG_0665

丼にギュウギュウに詰められたうどんは見るだけでお腹がいっぱいになってしまいそうだが…ひと口食べてみるとその強くもしなやかなコシにビックリ! コレはウマい!

IMG_0650

天ぷらも大きなあなご天が100円台とリーズナブルで、サクサクの食感がたまらない。讃岐うどん定番のちくわ天もボリューム満点だ。

値段は一般的なうどんチェーンと同じか少し安いぐらいなのに、出汁の風味も素晴らしく、うどんののど越しも段違い。人気が出るのも頷ける最高の美味しさであった。


関連記事:埼玉うどん初心者にもおススメ 川越市・たぐち家が優しさあふれる店

 

■本場香川で修業

後から調べたところ、どうやら條辺氏はうどん店を始める前に、本場香川の名店『うどんのなかにし』で修業したことが分かった。

IMG_0669

暖簾の店名はミスタージャイアンツである長嶋茂雄氏が書いた文字で、店内にはその色紙も。巨人ファンだけでなくうどん好きならぜひ訪れてほしい『讃岐うどん 條辺』。

武蔵野うどんの本拠地であるふじみ野市でも大人気になるほど、埼玉県内でもトップクラスの激ウマうどん店だ。

あわせて読みたい→1個40円台!埼玉にある超コスパドーナツ店『東京ドーナツ』が激安すぎる

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男