サンタクロースっていつまで信じてた?年代で大きな差が

2016/12/24 06:00

(Digital Vision./iStock/Thinkstock)
(Digital Vision./iStock/Thinkstock)

町中がクリスマス装飾に賑わうこの季節。クリスマスに欠かせない人物と言えば、プレゼントを届けてくれるサンタクロース。

しかし、「サンタクロースを信じてる」というような話を、子供のころにした覚えはないだろうか。

そこでしらべぇ編集部は、全国20代〜60代の男女1,360名に対し、「サンタクロースはいつまで信じていたか」を調査した。


画像をもっと見る

 

■信じたことがない人は3割

全体の割合を見てみると、一番多かったのは「小学校低学年まで」の31.5%。

サンタクロース

この結果を見ると、「サンタクロースを信じていた」というボーダーラインは、小学校低学年と高学年の間ということになる。

サンタクロースの存在を疑い始めるころ、友達から「いない」と伝えられることで、親の優しい嘘に気づくきっかけとなる――といった人も多いのかもしれない。

しかし、「サンタクロースを信じたことがない」という人も30.0%で、最も多い割合と拮抗する結果に。

サンタクロースを信じるきっかけとなるのは、親によるものが大きいだろうが、周囲の環境によってクリスマスを祝わなかったりする場合もあるのかもしれない。


関連記事:20代女性の半数が「家族のためならどんなことも」 子供の存在が大きく

 

■20代は「夢を見ることができた世代」

「サンタクロースを信じたことがない」人を年代別で見てみると、20代は17.4%と2割に届かない結果となったが、50代は36.1%・60代は38.0%と全体の割合よりも多い結果に。

サンタクロース

子供のころにはすでに、クリスマス文化が日本に定着していた20代は、全体と比較しても信じていた割合が多い。

その一方で、50代、60代の人の子供時代は、今ほどクリスマスを祝うという習慣自体が少なかった影響もありそうだ。

実際、サンタクロースを信じたことがないという50代の女性に話を聞いてみると…

「サンタクロースなんて信じたことないです。むしろ、子供のころにクリスマスを家族でお祝いしたこともないです。でも、クリスマスが嫌いとかそういうわけではまったくなく、今はむしろ好きなんです。


子供や孫ができた今は、クリスマスには腕によりをかけた料理とケーキで、家族みんなでお祝いするのが毎年の楽しみです。だから、子供のころにもクリスマスの習慣があれば、最高に楽しかっただろうなとは思います」(50代・女性)


子供時代にクリスマスの習慣がなかった人も、今は心から楽しんでいる様子もあるようだ。

大人にとっては数あるイベントのひとつかもしれないが、子供にとってはかなりのビッグイベントのひとつ。

サンタを信じている子供と、サンタクロースについて語り合うのも、心温かくなるクリスマスのすごし方かもしれない。

・合わせて読みたい→傷つくわ…!「クリプレ何が欲しい?」→彼女のドン引き回答4選

(取材・文/しらべぇ編集部・山吹彩野

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年11月25日~2016年11月28日
対象:全国20代~60代の男女1360名(有効回答数)

「楽天スーパーSALE」12月4日20時から 約200万点が半額以下に

ハロウィンクリスマスサンタクロース調査行事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング