20代男性がもっとも悩む下痢 「便秘も下痢も派」も多数?

ライフ

2016/12/25 11:30

女子トイレ
(GeorgeRudy/iStock/Thinkstock)

「胃腸やトイレの悩み」は、さまざまある。しらべぇでは、先日「便秘に悩んでいる人」が男性よりも女性に多いことをデータから検証したが、一方の「下痢」については、どうなのだろうか?

しらべぇ編集部が、全国20〜60代男女1,387名に調査したところ…


画像をもっと見る

 

■お腹がゆるいのは20代男性が最多

下痢

40代を除くすべての年代で、男性のほうが女性よりもお腹がゆるくて悩んでいることがわかる。

また興味深いのは、男女とも若い年代に下痢ぎみの人が目立つこと。もっとも高い20代男性では、2割以上が下痢で悩んでいることがわかる。


■7割は「便の悩みなし」だが…

今回、同時調査した「便秘」「下痢」それぞれに悩んでいる人の割合をクロス集計してみたら…

便秘下痢

便秘で悩む人は下痢の人よりも多く、さらに「下痢だけ」に悩む人よりも「便秘ぎみだが下痢でもある」という人のほうがわずかに多い。これはなかなか厳しい状況だ。

便秘や下痢といった便の悩みがない人はおよそ7割で多数派だが、胃腸が健康であることを感謝したほうがいいかもしれない。

・合わせて読みたい→食べてないのに感染する恐怖!ノロウイルスを現役内科医が解説

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト
【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2016年10月21日~2016年10月24日
対象:全国20代~60代の男女1,387名