沖縄グルメ「ヤギのユッケ」が悶絶するほどウマい

2017/02/04 19:00

sirabee0131ookiakiko001

つぶらな瞳に、垂れた耳。童謡のなかで手紙も食べちゃう、茶目っ気たっぷりな「山羊」。

食用としても流通しているが、なかには「臭い・硬い・筋がある」といったネガティブな意見をもつ人もいるだろう。

かくいう記者も、「わざわざ山羊を食べに行く人なんているんだ。へー(笑)」くらいに思っていた。

だが、沖縄で衝撃的な店に出会ってしまったのでご紹介しよう。


画像をもっと見る

 

■魅惑の山羊料理の数々

その店は、沖縄県那覇市西に位置する「山原食いなぁ」。

sirabee0131ookiakiko002

この店舗では、オリジナルの「創作山羊料理」が食べられる。

sirabee0131ookiakiko003

広々としたカウンターに座敷が3箇所ほど。昼時は混雑することが多いという。


関連記事:Iカップ・山岸楓、小さすぎる水着からバストがあふれまくる 妖艶な表情も最高

 

①ユッケ

お客さんから大人気だという、「山羊ユッケ」(1300円)を注文。

鮮明な赤身に、バランスよく脂身が混ざり美しい。黄身の黄色とネギの緑が加わり、彩り豊かで食欲をそそる。

sirabee0131ookiakiko004

箸ですくうと、弾力が強い。

sirabee0131ookiakiko005

口に含んだ瞬間、濃厚な旨みがジュワ〜っと広がる。馬のユッケよりも噛みごたえがある。

店オリジナルのタレも肉にたっぷりと絡んでおり、ほぼ臭みを感じない。1品目から、山羊の底力おそるべし。


②餃子

店おすすめは「山羊ギョーザ」(700円)。専門店に負けじと美しい羽根をまとって運ばれてきた。

sirabee0131ookiakiko006

カリッとした表面を箸でつまむと、ぎっしりとした餡が透けて見える。

sirabee0131ookiakiko007

醤油をつけて食べると、肉汁が皮からじんわり溶け出し、野菜の甘みと共に、独特の肉の風味が鼻腔に到来。

sirabee0131ookiakiko008

ちょっとイワシのつみれのような感じ。好きなひとは病みつきになりそうな、まさに「新感覚餃子」であった。


③タコス

店オリジナルの手作り皮に包まれた「山羊タコス」(250円)。

sirabee0131ookiakiko009

辛さ控えめで、女子にも嬉しいサルサソース。県産素材のスパイスがミックスされた「やんばるソルト」がコクを与える。

sirabee0131ookiakiko010

もっちりとした皮に包まれたチーズ・トマト・レタスのあとに、甘辛い肉が口の中に登場。

sirabee0131ookiakiko011

食べやすい味付けをされた山羊肉は、野菜やチーズとハーモニーを奏でる。

女子も何個でも食べられてしまうほどの手軽さ。


④ロースト肉

じっくり焼かれたヤギ肉を堪能できるのは、ローストビーフならぬ「ローストゴート」(1,500円)。

sirabee0131ookiakiko013

表面にかかったスパイシーなソースは、この店のママ手作りのソース。

ハーブや玉ねぎなどを用いた企業秘密のタレが、ヤギの個性に相性バツグン。オリオンビールのつまみとしても、最高であった。

店内にはほかに「山羊カレー」や「ふぐい」(山羊のキ◯タマ)、「山羊ラーメン」など、個性的な料理が揃っている。

どれも概念を覆す、愛のこもった料理ばかり。

苦手な人にこそ、一度食べてもらいたい味だ。沖縄に来た際は、ぜひ立ち寄ってみては?

【山原食いなぁ】
住所:沖縄県那覇市西3-13-1
営業時間:11:00〜15:00(昼)17:00〜24:00(夜)
定休日:不定休

・あわせて読みたい→ビックダディがラム肉屋を開店 8人目の妻に立候補したいレベルで美味い

(文/しらべぇ編集部・大木亜希子

→Amazonタイムセール祭り 2/2(木)9時スタート 目玉商品を事前公開!

グルメ沖縄餃子沖縄グルメタコスヤギユッケ焼き串
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング