家でずっと「パジャマ」 20代女子は半数も、年齢とともに…

ライフ

2017/02/13 21:00

Portrait of an Asian woman at home.
(liza5450/iStock/Thinkstock)

家では、ゆっくりとくつろぎたいのが本音。たとえズボラと言われても、家ではずっと寝間着の人もいるはずだ。

そこでしらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,400名に「家での服装について」の調査を実施。その結果、36.1%の人が「家ではずっと寝るときの衣服を着ている」と回答した。


画像をもっと見る

 

■女性は年代が上がるほど家でも洋服を着る

性年代別で見ると、男性は年齢による差はそれほど見られない。

家ではずっとパジャマ性年代別グラフ

しかし女性は20代だと半数を超えているが、年代が上がるにつれて減少。60代では、2割を切る少なさだ。

「家にいるときくらい、ゆっくりしたい。家に帰ったら、すぐに部屋着兼パジャマみたいな服に着替えている」(20代・女性)


寝間着でいるのに抵抗がある女性は、次のように語る。

「急に誰かが来たときに、パジャマでは対応できない。ラフな格好ですが、ちゃんと洋服を着てますよ」(50代・女性)


近年は「女性はどこでも見た目に気を遣うべき」との考えよりも、「家ではしっかりくつろぐ」ことが主流になっているのかも。


関連記事:波平の日課なのに…散歩のためだけの外出が理解できない人多数

 

■家にいることが多い専業主婦(夫)と無職・家事手伝いでも差が

家でいることが多い、下記のふたつを比べてみよう。

家ではずっとパジャマ職業別グラフ

無職・家事手伝いは4割と多めだが、専業主婦(夫)は3割を切っている。

「子供を遊ばせに外に連れて行ったり、買い物に行ったりと、外出することが多い。いちいち着替えるのも面倒なので、朝からずっと洋服を着てますね」(30代女性)


一方で無職・家事手伝いの中でも、家に引きこもりぎみだと外出する機会は少なく、1日中部屋にいることもあるだろう。家にいることが多い人たちでも、外出の頻度で差がでるもよう。

家での過ごし方は、世代や環境によって変化をする。部屋でリラックスするための服装は、人それぞれでもある。

ただし、急な来客や災害などで人前に突然、そのまま出なければならいない可能性もなくはない。もしものことだが、そんなシーンを少しだけでも意識した方がいいのかも。

・合わせて読みたい→パジャマって何日着たら洗うもの? 男性はそもそも…

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年1月20日~2017年1月22日
対象:全国20代~60代の男女1,400名 (有効回答数)