原口あきまさ、GACKTに「殴っていい?」と大激怒されたエピソードを語る

(画像はTwitterのスクリーンショット)
(画像はTwitterのスクリーンショット)

モノマネ芸人の原口あきまさ(49)といえば、レパートリーは100以上あるといわれ、テレビ番組や地方の営業などで売れっ子。

少し変わった設定で行うモノマネに定評がある原口だが、モノマネする本人から怒られたこともあるようだ。

1日放送の『1周回って知らない話』(日本テレビ系)で語った激怒されたエピソードが話題に。



 

■GACKTに「殴っていい?」と言われた原口

「モノマネ芸人は本人に怒られないのか?」という企画を放送。その中で原口はGACKTに「殴っていい?」と大激怒されたという。「僕の体型が気に食わなかったんですね…ぶよぶよなんで」と振り返った。

冗談まじりに激怒の理由を語った原口だったが、Instagramなどでたびたび鍛え上げられた美しいボディを披露している完璧主義のGACKTなら、ありえるのではないかとネット民からも爆笑の声が。

・GACKT様が内容じゃなくて体型でキレたっていうのがウケるw


・本人に怒られるぐらいじゃないとおもしろくないからね


・むしろ怒られたほうがおもしろい


関連記事:足立梨花がふたり? 激似すぎるモノマネに「双子みたい」と反響

 

■4人に1人が「モノマネ芸人に怒り」

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女に「モノマネ芸人」について調査したところ、およそ4人に1人が「怒りを感じたことがある」と回答している。

モノマネされている有名人のファンにとっては、悪意のあるモノマネに「好きな人を汚された!」と思うこともあるかもしれない。


「殴っていい?」という発言はGACKTならではのリップサービスだと思われるが、モノマネ芸の中には悪意を感じられるものも存在する。

もしかすると、我々一般視聴者が知らないだけで実際に殴られたことのあるモノマネ芸人もいるのかもしれない。

・合わせて読みたい→【それ、福田彩乃のモノマネじゃん】モノマネ芸人のモノマネを「モノマネ」する市民たち

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2015年12月20日~2015年12月24日
対象:全国20代~60代の男女1353名