みひろ・七海ななの番組『みひなな食堂』 公開収録の手料理にファン歓喜

みひなな食堂

みひろ、七海なながMCを務め、『スカパー!』で放送されている料理番組『みひなな食堂』が1周年を迎え、初めての公開収録が東京・新宿で行われた。

昨年4月、みひろ初の料理番組スタートにあたって、しらべぇ取材班が話を聞いた際、「いつか公開収録で、目の前で料理を食べてほしい」と語っていただけに、夢がかなった形だ。

みひなな食堂


画像をもっと見る

 

■印象に残った料理は「活きたタコ」

みひなな食堂

1年間の放送で印象に残った料理を聞いたところ…

七海:活きたタコをさばいた時がヤバかったです…。眉間に包丁を刺して動きを止めるんだけど、料理の先生に「それでも目は見てるからね」とか言われて」


みひろ:でも、その場でおろしたタコや魚は、ぷりぷりで美味しかったよね。余ったのを家に持って帰ってもじゅうぶん美味しかった。


七海:番組で教わってから、家でも魚をさばくようになりました。今は、魚屋さんに買い物に行くのが、ちょっと楽しみ。


と語るふたり。


関連記事:みひろ・七海なな・吉沢明歩が激白!料理好きよりモテる男子は…

 

■LINEで隠し味の連絡も

みひなな食堂

番組が始まってから、料理について連絡を取り合うことも増えたという。

みひろ:ななちゃんは料理上手なので、LINEで料理のことを聞いたりすることが増えましたね。


七海:収録して2、3日以内には、お互い「隠し味なんだったっけ?」とか連絡し合ってます。番組始まってから、ほぼ毎日自炊するようにもなりました。


みひろ:すごい! 主婦みたい。カラダも健康的になるよね。七海:冷蔵庫にある食材で「何つくろうかな?」「あと何を買い足せばいいかな?」とか考えてるのが楽しくて。


■屋台や海の家もやってみたい

みひなな食堂

番組の今後については、「お祭りでたこ焼きの屋台とか、海の家みたいなのもやってみたい」と語るみひろ。

七海は、衛生責任者やナチュラルフードコーディネーターの資格を持っているため、「出店」も夢物語ではなさそう。

今回の公開収録では約40名の観覧客と交流しながら、得意の手料理「人参しりしり」を振る舞い、大いに会場を沸かせたが、さらなる挑戦も楽しみだ。

・合わせて読みたい→美人と家庭的な女性、結婚相手として「圧勝」したのは…【人妻みひろコラム】

・番組公式ページ→スカパー!959ch「エンタ!959」みひなな食堂

(取材・文/しらべぇ編集部・タカハシマコト