しらべぇ

お土産の代名詞 「木刀」と「ペナント」の栄枯盛衰に驚きの声

TOKYO MX『5時に夢中!』で懐かしいお土産の定番、木刀とペナントの現在を調査! 結果は… 

話題

お土産の定番であった「木刀」と「ペナント」。学生時代最大のイベント・修学旅行で、かつてはクラスの数名は購入していたものだ。

TOKYO MXなど、関東・関西の独立局系人気情報番組『5時に夢中!』が19日、木刀やペナントが現在も販売されているかを調査し、話題となっている。

(GummyBone/iStock/Thinkstock)

コメンテーターの女優・美保純(56)は「ペナントは外国人向けに売っているのでは?」。女医・おおたわ史絵(52)は「木刀は店の隅っこでホコリをかぶって売っている」と予想したが結果は…。

 

■東京タワーで木刀発見

東京の観光名所・東京タワーで調査すると、ペナントはない。木刀は販売中。

「断然多いのは学生。東京に来てちょっと強くなるアイテムを手に入れる」と店員が語ると司会のふかわりょう(42)は「ロールプレイングゲーム感覚だな」と笑う。

木刀は昭和30年代に福島県会津若松市で白虎刀をイメージして販売開始したのが好評で全国に広まった。

現在も売れ行きは上々の模様。「修学旅行生を中心に1団体で10本くらい売れる。木刀はなくならない」と断言していた。

 

■ペナントの現在

浅草の調査でも、お土産店からはペナントの姿が消えていた。

「理由はなく、自然になくなった」

 

「20年くらい前にペナントはなくなった。現在は外国人向けに、掛け軸が台頭している」

 

日本で初めてペナントを作った鎌倉の会社の話では、昭和33年に野球の優勝ペナントをモチーフに東京タワーの絵柄で販売を開始。製造が追いつかないほど売れ、お土産の定番としての地位を確立した。

その後、携帯ストラップが登場したことでペナントの需要が激減。5年前にスカイツリーのペナントを作ったが売れなかったのを最後に作っておらず、ほかの製造所もペナントの製造はしていないそうだ。

 

■懐かしむ人々

スタジオでは実物に触れながらトークが進む。外国人特派員として出演しているアメリカ出身の芸人・アイクぬわら(30)は「和が入っていて嬉しい」と高評価。

視聴者の反応もしらべぇ調査班で集めてみると…

懐かしい出来事を思い出す声に溢れていた。

今なお根強い人気のある木刀、時代の流れで消えていったペナント。かつて隆盛を極めたお土産は、両極端の現在を歩んでいる。なんとも悲しい結末となった。

・あわせて読みたい→小学生の時に楽しみにしていたイベント1位は遠足・修学旅行! 3位はまさかの学級閉鎖

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

関連記事

人気記事ランキング

WEBアシスタント募集中 WEBエンジニア募集