落ち込む必要ナシ!今年のGWに予定のない人は過半数超え

GWに予定がないから「非リア」と落ち込む必要はない、むしろ多数派だ

(liza5450/iStock/Thinkstock)

間近に迫ったゴールデンウイーク! 旅行の準備にワクワクしている人や、遊びの予定を入れまくって、待ち遠しい気持ちになっている人も少なくないだろう。

その一方で、「休みは嬉しいけど、誰にも誘われてないし、やることないし…」となっている人もいるのでは?

しらべぇ編集部は全国の20~60代の男女1,336名を対象に、「GWに予定がない」という人の割合を調査した。


 

■予定ない人が半数超え!

全体では54.0%と半数以上が、「GWに予定がない」と回答。

「連休に予定がないなんて、恥ずかしくて人に言えない…」なんて気分になっている人も、恥ずかしがる必要はない。むしろ予定がないのが「多数派」ということで、気にする必要はない。

仮に、周り中がリア充で、遊びの予定に盛り上がっていたら、それは特殊な環境と考えて大丈夫だ。たぶん。

男性は54.1%、女性は53.8%で、ほぼ差はない。

ただし、性別・年代別で見てみると

20代の男女と30代の男性は、わずかではあるが半数を割り込んでいる。それでも、僅差である。気にしなくていい。

しかし、特徴別で見てみると

高い数値を示したのは「いま、自分は不幸だと思う」の66.7%。自分を不幸だと思っていない人は、半数以下というのを見ると、ちょっと気になる。

次いで「貯金がほぼない」65.3%。旅行をしようとすると、ハイシーズン価格で高額になるだけに、先立つものがないと厳しいというのはわかる。でも、お金を使うだけがレジャーではないだけに、こちらも気になる数字か。

そして、「人混みが苦手だ」が62.6%。これはもう仕方ない。こういうタイプは大型連休そのものが負担なわけで、出かけない正当な理由として堂々と主張できる。

どうしても出かけたいのであれば、オフィス街など「閑散とすること間違いなし!」な場所に、あえて出かけるのがオススメ。その代り、そうしたエリアは飲食店なども休んでしまっている可能性が高いので、注意しよう。


 

■そんなに張り切らなくても

実際に「GWに予定がない」人の話を聞いた。

「旅行は好きだけど、混み合う観光地は好きじゃないし、ハイシーズンの料金を見るとバカバカしい気がしてしまって、行く気になれません。


普段の週末にはそこそこ遊んでいるし、別にゴールデンウイークだからって、特別張り切らなくてもいいかなあ…って。フツーに、のんびりダラダラしますよ」(30代・女性)


「実家が都内なんですが、大学入ってすぐのゴールデンウイークは、みんな地元に帰っちゃって、ちょっと途方に暮れました。ただその時“何の予定もないのも、悪くないな”って、思っちゃったんですよね。(笑)


元々自分から友達を誘うタイプじゃないし、呼ばれたら食事や飲みくらいは行きますけど。仕事も忙しいので、たまにはゆっくりしたいし、ムリに予定を入れなくてもいいかな」(20代・男性)


聞いてみると案外ポジティブに、予定のないゴールデンウイークを楽しんでいる人もいるもよう。

共働き夫婦のなかには「年末年始なんて慌ただしくてできないから、我が家の大掃除はゴールデンウイークと決めている」なんて人もいた。意外とそのあたりが、有意義な過ごし方なのかも…。

・合わせて読みたい→GW休暇に主婦が激怒「夫も子供もいて休みなんてない!」

(取材・文/しらべぇ編集部・チーム・ぺる

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年3月24日~2017年3月26日
対象:全国20代~60代の男女1,332名(有効回答数)

あなたにオススメ