中居正広のカップ麺の作り方 「こだわり強すぎ」「闇が深い」とネット騒然

元SMAPメンバー・中居正広のカップ麺への愛が話題に。ペヤングの作り方には独自のこだわりも

エンタメ

2017/04/27 17:30

お湯で3分という手軽さと値段の安さから人気のカップ麺。国民食といわれるだけに、食べる人それぞれの独自のこだわりもあるはず。

元・SMAPメンバー中居正広(44)のカップ焼きそばのこだわりが「すごすぎる」と注目を集めている。


 

■中居正広のカップ焼きそばのこだわりがすごい

カップ麺を2日に1度は食べるという中居。26日放送の『中居正広の神センス☆塩センス あの時どうすりゃよかったの!?』(フジテレビ系)でカップ焼きそば『ペヤング』の独自の作り方を披露した。

カップから麺を取り出した中居は、「かやく」をカップの底に敷くようにして、ふたたび麺をカップの中に戻す。「お湯を切るときにかやくが外へ流れないように」という配慮のためだ。

スタジオから歓声があがると、中居は「湯切り口ができてから、そんなにやってないんですけど…」と語った。湯切り口が生まれる前のテクニックだけに、長年のカップ麺を愛好ぶりがうかがえる。

中居のこだわりにネット民からも称賛の声が。

・かやくを下に敷くのはすごい。流れるのを防ぐだけじゃなくてフタにくっつくのも防いでる


・国民的アイドルなのに、かやくをもったいないと思う精神はやっぱりすごい


・中居くん、さすがのこだわりぶり。これは闇が深い


関連記事:中居正広が「安室奈美恵の振付師」と同棲熱愛報道 根強い人気に影響は?

 

■「カップ麺をほとんど食べない」が4割

2日に1度は食べるという中居のカップ麺への愛がうかがえるが、世間ではどれくらいの頻度で食べられているのだろうか。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,354名に調査したところ、「ほとんど食べない」が4割ほどで、次いで「月に1度」がおよそ3割という結果に。

カップラーメン

中居の頻度に該当する「週4〜6」は1.5%とかなりの少数であることが判明した。


幼少期には白米に水道水をかけるだけの「水かけごはん」を贅沢品として食べていたことも明かしている中居。食に対する感覚には底知れない謎がありそうだ。

・合わせて読みたい→中居正広の一人暮らしトークに反響 「噂の彼女は?」の声も

(文/しらべぇ編集部・らむたそ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年4月22日~2016年4月25日
対象:全国20代~60代の男女1,354名(有効回答数)


あなたにオススメ