魚に癒されショーで盛り上がる!水族館は女子や高年収に人気

イルカやペンギン、アシカ、クラゲ、マンボウ…水族館が大好きな人は

(RichieChan/iStock/Thinkstock)

子供連れやデート、友達との遊びで…だけじゃなく、一人でぼんやり水槽を眺めるだけでも楽しめる人気スポット・水族館。

昨今は日中だけでなく、夜間の特別イベントを開催するところも増えるなど、楽しみ方も広がっている。

「水族館が好き!」という人は多いが、どれくらいの人が水族館好きなのだろうか。

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の男女1,336名を対象に「水族館が好きだ」という人の割合を調査した。


 

■高年収ほど水族館が好き

全体では47.0%と、半数近くが「水族館が好きだ」と回答。

男女別で見ると男性は43.1%、女性は51.0%で、8ポイントほど女性が上回った。

性別・年代別で比較してみると

20代女性が最も多い57.9%と6割近く、次いで30代女性の55.2%。女子とのデートプランに迷ったら、水族館をリサーチすべし!

水槽が見やすいように照明を落とした展示室や通路は雰囲気も良く、会話に困っても目の前のお魚や生物を指さして「あれ、かわいいね」などと言っておけば大丈夫。デートビギナーに優しいスポットだ。

そして、こうした若い女性の指示が高い場合、年収別はやや低めのデータになることが少なくないのだが、全く逆の傾向を示している。

年収別データを見てみると

多少の前後はあるが、年収が高い人ほど「水族館が好きだ」という人が多く、500万円以上は半数超え。

忙しい日常をおくるビジネスパーソンにとって、ゆったりと泳ぐ水槽の魚たちの様子はのんびりした気分を誘い、かなりの癒し効果がありそう。

近年はクラゲの展示もトレンドのひとつだが、淡い光の中を漂うクラゲの姿は幻想的で、「ボーっと見ているだけで、ストレスから解放される」という人も。


 

■乗り気じゃなかったのに

実際に「水族館が好きだ」という人に、話を聞いた。

「水族館なんて子供の頃しか行ったことないし、興味もありませんでした。でも学生時代に関西にいて、友達が遊びに来た時に『海遊館に行きたい』と言うので、仕方なく行くことに。でも行ってみたら、めちゃくちゃ楽しいし、ペンギンかわいいし! みたいな。(笑)


最初は乗り気じゃなかったと知っていた友達に、大笑いされましたけど、すっかりハマってしまい、今では小さいところを含め、全国の水族館をかなり制覇しています」(30代・男性)


「水族館は、昔から好きです。東京から行きやすい場所だと、葛西臨海水族園や八景島シーパラダイス、新江ノ島水族館など規模の大きいところも好きだけど、サンシャイン水族館やアクアパーク品川といった、都心部の駅から近いところも。


デートで行くのが一番だけど、彼氏がいない時は一人でぼんやり行っても癒されるし、みんなお魚見ているから『あの子、ぼっちで来てるよ』みたいに気づかれることもないし(笑)いいですよ」(20代・女性)


この手のレジャースポットで、一人で行っても周りの目があまり気にならない場所は、意外と少ない。

誰かと一緒に行くのももちろん楽しいし、一人きりで予定はないけど、ちょっと出かけたい…など、近くの水族館をチェックしてみよう!

・合わせて読みたい→落ち込む必要ナシ!今年のGWに予定のない人は過半数超え

(取材・文/しらべぇ編集部・チーム・ぺる

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年4月21日~2017年4月24日
対象:全国20代~60代の男女1336名(有効回答数)

あなたにオススメ