しらべぇ

淡麗辛口だけじゃない 進化する「新潟の日本酒」が今面白すぎる

吟醸酒の試飲イベントで『八海山』『鶴齢』『大洋盛』『麒麟』の蔵元を取材。

グルメ

会場

「日本酒女子」といった言葉も聞かれるほど、ふたたびブームの兆しが見える日本酒。中でも、「日本酒だったら吟醸か大吟醸が好き」という人も少なくないだろう。

14日、東京・有楽町では日本吟醸酒協会による『2017年吟醸新酒会』という試飲イベントが開催され、多くの来場客を集めた。

 

■全国から47蔵が参加

参加蔵元は、北は岩手県から南は大分県まで、全国26県から47蔵。新潟、山形・福島からは、最多の4蔵が出展した。

中でも酒どころ・米どころとして知られる新潟県は、かつての「淡麗辛口」で知られたが、それにとどまらず多様な進化を遂げているようだ。

 

①美味しさと相反する量も両立『八海山』

八海山

南魚沼市の地酒、『八海山』。東京の飲食店や酒屋でもよく見かける、新潟を代表する日本酒のひとつだが、

「『味とつくる量は相反する』と言われることがありますが、味を落とさずに量産化することに価値があると思っています。最近だと、『獺祭』さんも成功していますね」

 

とのこと。

八海山がめざすのは淡麗辛口だが、その心は「らしさを主張しすぎない食中酒」。

和食には、香りなどひとつの味に飛び抜けた料理より、バランスがよいものが多いので、「料理の五味よりひとまわり小さい五角形」をイメージした酒づくりだ。

八海山

同じ市内にできた体感型の宿泊施設『里山十帖』などの影響もあり、以前の「新潟淡麗ブーム」とは違う世代や女性のファンも増えているという。

 

②新潟の米と杜氏にこだわる『大洋盛』

大洋盛

鮭で有名な村上市にある大洋酒造の前身は、創業1635年。蔵のこだわりは、すべての酒を県産米で、越後杜氏が醸すという地元に根ざした酒づくり。

『大洋盛』は、新潟で開発された『越淡麗』という酒米100%でつくった大吟醸としては初めて県内1位に輝いた。

大洋盛

同社の村山社長は、

「『新潟=淡麗辛口』といったイメージだけでなく、蔵ごとの個性を出していきたい。村上でとれた地元の食材と地酒を合わせて召し上がってほしい」

 

と語る。

 

③山の料理と合ううま味のある酒『鶴齢』

鶴齢

八海山と同じく南魚沼市にある『鶴齢』は、創業300年。うま味があり、力強い味わいが特徴だ。阿部取締役は、「『新潟っぽくない』と、よく言われます」と笑う。

鶴齢

 

「新潟県は、東西に300km。九州の南北と同じくらいあります。上中下越と佐渡にわかれ、山も海もあって、食文化も多様です。

 

うちの蔵がある魚沼は山間僻地で、保存食も多い。魚沼の料理には、しっかりした酒が合うんです。『新潟らしい』より『魚沼らしい』お酒をつくっていきたい」

 

と語った。

 

④異なる2つの方向性で挑戦『麒麟』

麒麟

福島県にもほど近い阿賀町で酒を醸す、下越酒造。『麒麟』という淡麗辛口の銘酒をつくってきたが、とあるきっかけで新しいチャレンジを始めた。

同社の佐藤社長が英国で行われた食品博覧会に出品したとき、外国人の反応が気になったからだという。

「飲んでみて『味がなくて美味しくない』という人がいたんですね。美味しいと言ってくれる人たちにもよく聞いたら、日本酒を飲んだことがある人で『たくさん飲める』という意味だった。

 

もっと『ひと口目から美味しい』と思える酒をつくろうと立ち上げたのが、『蒲原』です」

 

麒麟

新ブランドでめざしたのは、「甘口・辛口の間にある『おいしいというジャンル』」。大吟醸用の酵母を使いながら、アルコール度や味わいを濃いめにし、特定の問屋さんや飲食店だけに販売している。

阿賀町に残る「狐の嫁入り伝説」にちなんで、海外向けには『Bride of fox』と名付けたところ、好評だそうだ。

 

進化を続ける新潟の日本酒から、目が離せない。

・合わせて読みたい→新幹線の発車時刻ギリまでOK! 着いてすぐもOK! 新潟駅周辺は日本酒パラダイス

(取材・文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

関連記事

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集