しらべぇ

趣味への価値観に賛否両論 「意味がないし時間の無駄」との声も

仕事以外はテレビを観て過ごす…趣味の考え方が物議を醸しているようだ

話題

テレビ

(TAGSTOCK1/iStock/Thinkstock)

仕事がない休日を趣味で過ごす人がいる一方、何もすることがないという「無趣味」の人も少なくない。そして、そういった人の中には「仕事以外に意味がない」と考える人も…。

今、とある投稿がネットで議論を呼んでいる。

 

■「趣味に時間をつかうのは無駄」

投稿したのはツイッターユーザーのGMやってる美々水さん(@zuihou_mbng)。漫画やゲームといった趣味に興味がなく、1日のうち仕事以外の時間はテレビを観ているという人との交流から気づかされたことがあるという。

それは、ある一定以上の年齢の人たちが「何かに熱中する」という行為を、子供や若者にしか許されないものと認識してる可能性があるのではないか、というもの。

その人の話によれば、「いくら楽しくても、自分のためにならないものに時間を割くのは無駄」という感覚でいるのだとか。そして、「物事を楽しむ」という行為を無価値のように考えているのだという。

 

■趣味は大切という意見

仮に「趣味人間」と「仕事人間」と大きく分けたとき、ネット民からも両者どちらも支持する声が数多く見られた。

まず、投稿主のように趣味を重んじるという意見は…

・保護者会で「勉学以外に熱中するのは悪い」っていう意味合いのお母さんが出ていてかなり驚いたけどそれが世間の声なのか…?

 

・趣味を楽しむことは、ストレス解消や気力の回復効果があると思うので、楽しいことだけに時間を使うのは無駄ではないと思ってる

 

・趣味は大切だと思う。この人の場合、「テレビ鑑賞」が趣味になってるじゃん。そういう息抜きは必要

 

■趣味を理解するのは難しいという意見も

一方、趣味が理解できないという意見に賛成する人も…

・「ゲームしてないで勉強しろ」ってよく怒られてた。いまさら趣味見つけろとか無理じゃね?

 

・私もすぐに無駄かどうか考えてしまう。意識的に楽しもうとしないとそうなりがち

 

・趣味を見つけようと思う反面、「意味あるのコレ?」と疑問をもっちゃう…

 

■「無趣味」は1割程度

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,345名に「趣味」について調査したところ、全体の1割以上が「無趣味」と回答した。

全体の1割程度とはいえ、楽しみや打ち込む趣味がないという人はいるようだ。

 

定年を迎えた人が「やることがなくなった」と嘆く話を耳にすることがあるだろう。もし、趣味がなくて困っているという人は、なにか打ち込めるものを探してみるのもよいだろう。

・合わせて読みたい→公私ともに楽しみながら…デキる人のノー残業デーの過ごし方3選

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2015年7月24日~2015年7月27日
対象:全国20代~60代 男女1345名

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集