「いつだっけ?」なんて言えない!配偶者の誕生日を覚えてない人はたったの…

誕生日を忘れてしまい、大げんかになったという夫婦も。しかし、本当に「覚えていない」人はほとんどいないようだ。

(Jin Yamada/Hemera/Thinkstock)

夫婦になって長い時間が経ち、相手の誕生日をうっかり忘れてしまった…なんて話はよく聞く。

それが原因で大げんかになってしまうことも。


 

■忘れて大げんかに…

「私の誕生日を自発的に祝ってくれたことは、結婚してから1回もありません。昔は喧嘩したりしましたが、何回言ってもダメなので、もう諦めてます。


今でも『おめでとう』すら言われない。そもそも、覚えてないんじゃないかな?」(30代・女性)


このように、「覚えていないんじゃないか?」と疑っている人は案外いる。

逆に、「そんなに大事?」と思っている人も…。

「奥さんの誕生日がどうしても覚えられなくて。いつも忘れちゃって、激おこ状態の奥さんを見て思い出すんですよね。子供の誕生日と近いので、レストランで一緒に先祝いしてるんですが、それじゃ納得いかないみたい。


なんでそんなにこだわるのかもわからないし、先に祝ってるんだからいいじゃないか、って思うんですが…」(40代・男性)


「先に祝ってるんだからいいじゃないか」と考えているあたり、そもそも覚える気がないんじゃないか? と思ってしまう。


 

■覚えていない人は1割以下!

しらべぇ編集部が全国20代〜60代の既婚男女702名を対象に「配偶者の誕生日を覚えている」かどうか調査したところ、「覚えている」と回答した人が全体の92.0%。

ほとんどの人は、ちゃんと相手の誕生日を覚えているのだ。ちょっと、ホッとしてしまう…。

年代別で見てみると、意外な結果が。

新婚ほやほやの若い夫婦ほど覚えているだろう…と思いきや、20代がダントツで「覚えていない」と答えたのだ。お祝いをしたり、忘れて文句を言われたり、長い時間連れ添うと、自然と覚えていくのかもしれない。

ちなみに、男性のほうが女性よりも覚えていない割合が高く、12.5%。女性はなんと4.5%しかいない結果に。「女性は記念日を大切にする」とよく言うが、相手の記念日も同じように大切にしているようだ。


ほとんどの人が覚えている、誕生日。もしも「配偶者の誕生日がわからない…」という人は早めに確認して、手帳やスケジュールにメモしておいたほうがいいかも。

・合わせて読みたい→「今すぐ恋人がほしい!」人生で付き合ったことのない人の7割は…

(取材・文/しらべぇ編集部・たつきあつこ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年4月21日~2017年4月24日
対象:全国20代~60代の既婚男女702名(有効回答数)

あなたにオススメ