イタリア人が認めなかった高知県の謎グルメ『ミラノ風おこげ』とは

イタリア人が認めなかった赤岡の『ミラノ風おこげ』とは? 意外な美味しさに記者もビックリ

『ローマ風○○』や『中華風○○』『韓国風○○』など、日本には数多くの『○○風』があふれている。

そのなかでもよく耳にするのは、某イタリアンレストランでもおなじみ『ミラノ風○○』だが、香南市赤岡にも全国的に有名なミラノ風の料理が存在するらしい。


 

■ミラノ風のアレを出す店へ

その料理を提供するのは、高知県の地場産品を販売している『とさを商店』。いったいどんなミラノ風の料理があるのだろうか?

見た目は「普通の商店」といった感じで、料理を提供するようには見えないが…

じつは奥に食堂があり、そこで食事をすることができる。


 

■「ミラノ風のアレ」を注文してみた

さっそく「ミラノ風のアレ」を注文すると炊飯器からご飯を丼に盛り、いきなりおにぎりを握りだす店主の野村さん。

握ったおにぎりをそのまま熱した油へ投入し、揚げていく。コレがどうミラノ風になっていくのだろうか…?

揚げ油の横にあったのはトマトソース。どうやら自家製でこだわりがあるようだ。

次ページ
■揚げたおにぎりとトマトソースで…

あなたにオススメ