しらべぇ

強運すぎる!  『鉄腕DASH』城島茂と山口達也が希少価値の高い「イシガレイ」を捕獲

18日放送の『鉄腕DASH』で、希少価値の高い「イシガレイ」を捕獲。強運過ぎると話題に

エンタメ

カレイ

(Greg Amptman/Hemera/Thinkstock)

18日放送の『ザ!鉄腕DASH!』は、「DASH海岸」を放送。

城島茂と山口達也が「カレイの王様」と呼ばれる「マコガレイ」を捕獲するため奮闘したのだが、そこでまたも想像を超える奇跡を起こし、「凄すぎる」と話題になっている。

 

■マコガレイ捕獲を目標に仕掛けをセット

2人はマコガレイ捕獲のため、魚が好むというアミノ酸の匂いがする酒粕と、強烈に嗅覚を刺激するニンニクを混ぜた団子を海底にセット。早速多くの魚が集まる。

しばらく様子を見ていると、ついにカレイが姿を現す。じっくりと観察するため城島と山口が網で捕獲することに。

網を引き上げると、目的どおり網の中にカレイとヒラメが引っかかり、2人は「嬉しい」「東京湾にカレイが帰ってきた」と喜びの声をあげる。

 

■捕獲したのは希少価値の高い「イシガレイ」

捕獲したカレイを水槽に入れ、よく観察すると、専門家が「これね、大事件なんです」と発言。目標としていた「マコガレイ」よりも希少価値が高いイシガレイだというのだ。

3年前に横浜市が捕獲した際には記者会見を開いたほどで、先日城島と山口が捕獲した古代魚「ラブカ」にも匹敵するという。

また、同氏いわく「東京湾の環境を扱っている人間にとっては内湾でイシガレイが見つかるほうが嬉しい」そう。これまで数々の奇跡を起こしてきた城島と山口が、またも専門家を驚かせる「大発見」をやってのけた。

 

■ネット民も驚きの声

「ラブカなみ」という奇跡の捕獲に、ネット民から驚きの声があがっている。

 

■山口の強運ぶりは健在

ご存知のとおり『ザ!鉄腕DASH!』では、イシガレイやラブカ以外にも、数多くの絶滅危惧種を発見。そのほとんどに山口達也が絡んでおり、「引きの強さ」は折り紙つきといえる。

山口といえば5月28日分の放送で「俺、何年も農業やってる」と発言し、ネット民が驚きと納得の声をあげたことが記憶に新しいが、「俺、漁業を何年もやっている」と言ってもおそらく番組視聴者は納得するだろう。

毎回のことながら、その強運ぶりと引きの強さには驚かされるばかりだ。

・合わせて読みたい→古代ザメ『ラブカ』を生け捕り 『鉄腕DASH』城島茂と山口達也の引きの強さに驚きの声

(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集