大竹まことが藤井四段に暴言? 「14歳のガキに調子乗らすな」に批判殺到

藤井聡太四段の29連勝の連勝記録に対し、大竹まことが「誰かシメてやれ」など言連発

エンタメ

2017/06/28 14:00

(画像はTwitterのスクリーンショット)

14歳でプロの棋士となり、29連勝という前人未到の大記録を叩き出した、藤井聡太四段(14)。

彼が幼少の頃に遊んでいたという玩具が売れに売れ、食事の内容までもがニュースになってしまうなど、日本中を興奮の渦に巻き込んでいる。

27日放送の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)でも、彼の快挙が大きく取り上げられたのだが、そこでのタレント・大竹まこと(68)の発言がネットで大炎上する事態となっている。


 

■大竹「誰かシメてやれ」藤井四段の快挙に暴言

番組内で、藤井四段が歴代連勝記録を更新した、というニュースが紹介され、これについてコメントを求められた大竹。

待ってましたと言わんばかりに口を開くと、そこから耳を疑うような発言が次々と飛び出した。

29連勝だっけ? もう本当に誰かが負かさなくちゃいかんだろ、これ以上勝たせてどうすんの?


77歳のじいさんが、14歳のガキに『どうもすいませんでした』ってありえないだろ。あれはルール変えなくちゃダメ。勝っても若者なんだから『戦わせていただきましてありがとうございました』って若い奴が頭下げなきゃ。


ガムテープでできたような財布から、きつねうどんみたいな金払うようなヤツがだな、ネクタイちゃんと締めろ! …誰かシメてやれ」


この発言に、スタジオも唖然。

さらに大竹の隣に座っていた経済評論家・勝間和代氏(48)も、大竹の発言に賛同したわけではないものの、「偶然なのでは?」や「体力と集中力がピークの時期だから、10年後に同じことができるか見物」とコメントした。

これらに対し、作家でタレントの立花胡桃(35)が「今はすごいのだから、認めてあげたらどうでしょう…」と、たまりかねた様子で諭す場面も。


関連記事:明石家さんま、「一番楽しかったことは娘・IMALUの誕生」に感動の声

 

■大竹の発言はたちまち炎上

数々の快挙を達成するも、控えめで向上心に溢れた謙虚なコメントも称賛されている藤井四段。

そんな好青年を「ガムテープでてきたような財布」など、嫌悪感を滲ませて批判した大竹の発言が、ネットで大炎上している。

努力していなければ成し得ない快挙を侮辱するような発言に、多くの視聴者が激怒。中には「藤井四段に謝罪すべき」との意見や、彼の発言と社会問題を結びつけた見解が、多くのユーザーから共感を得ている。

次ページ
■「大竹の芸風」という意見も

あなたにオススメ