しらべぇ

プライドが高い人の謝り方がムカつく! 「あるある」「やってしまう」と共感の声

プライドをこじらせた人の特徴? 謝り方がイラッとすると話題に

人間関係

(©ぱくたそ)

失態や迷惑をかけてしまった場合、謝罪して誠意を見せるのが常識だ。しかし、中にはプライドが高いからか「意地でも謝らない」という人も…。

今、とある投稿が多くの共感を呼んでいる。

 

■プライドが高い人の謝罪が話題

とあるツイッターユーザーによれば、プライドが高い人の謝り方には特徴があるという。

それは、「ごめんなさい、すみません」と素直に謝るのではなく、「〜したつもりはありませんでしたが、そう思わせてしまったのならすみません」というもの。

投稿主はこの謝り方について、自分の落ち度を認めず、謝罪を回避した卑怯なものと主張した。

 

■ネット民からは共感の声

この投稿を受け、「こんな人いる」「見たことある」共感の声があがった。

・いたわ、こーいう自分の非を全く認めず上から目線の謝り方しかしなかった男

 

・同僚がまさにそれで、何度泣かされたことか…いい切り返しはないですかね?

 

・かつてのパワハラ上司がコレでした

 

■「やってしまう」の声

一方、この謝り方をしてしまうという声も。

・卑怯でも何でも謝りたくないもんは謝りたくないから私はこれです

 

・別に悪いことしてないしなんで謝らなければならないんだってときは使うよね

 

・良かれと思ってやったこととかではそう言うしかないやん。怒る方が絶対正義なわけではない。つまり場合による

 

■5割が「とりあえず謝る」

しらべぇ編集部が全国20〜60代の有職者620名に「仕事の取引相手と揉めたとき」について調査したところ、5割が「とりあえず謝る」と回答。

もしかすると、自分に非はないと感じていながらも謝罪を要求されたときは、投稿主がいうような謝り方になってしまうのかも。

 

誠意や謝罪の意思があるかはあくまで当人にしか分からないもの。しかし、もし誠心誠意伝えたい場合は素直に「すみませんでした」と謝るほうが得なのかも。

・合わせて読みたい→家族と喧嘩したら謝る?謝らない? 若い女子ほど「謝りたくない」

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年4月21日~2017年4月24日
対象:全国20代~60代の有職者620名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集