『僕やり』窪田正孝に共感? ヤンキー高校に近づかない人の割合

ドラマ『僕たちがやりました』の主人公たちのように、「ヤンキーにはなるべく近寄らないで生きていきたい」と考えている人の割合とは?


 

■千葉より埼玉のほうがヤンキーに怯えてる?

ヤンキー高校グラフ2

地域別に見ると、もっとも高い該当率を示したのは埼玉県民に。「ヤンキーが多い」イメージのある千葉県民は、埼玉県民よりも数値が低くなった。

イメージよりもヤンキーが少ないのか、それともヤンキーが多すぎて慣れてしまったのか気になるところだが、どちらにせよ両県とも全国平均より2~3割程度高いようだ。


関連記事:中尾明慶、上地雄輔とヤンキーショット披露に「ROOKIESじゃん!」

 

■ガリ勉はやっぱり不良を避けている

ヤンキー高校グラフ3

また、特徴別に見ると「ガリ勉だった」と答えた人の3分の2が「ヤンキー高校避け」していると判明。ひ弱な自覚がある分、肉食動物な彼らの獲物にならないようにしているのだろうか。

また、「大人になってからおしっこを漏らしたことがある」と答えた人の6割も該当。もし、『僕やり』のマル(葉山奨之)のように、路上でヤンキーに「服を脱げ」と言われてしまったら……この人々は、高い確率でお漏らししてしまいそうだ。


第一話では、川栄李奈演じるJK・今宵ちゃん大胆な台詞が話題になったが、今夜はどんなことが起きるのか? 今クールで一番攻めている本作に期待大だ。

《これまでに配信した『僕たちがやりました』記事一覧はこちら


(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日
対象:全国20~60代の男性1342名(有効回答数)