南キャン・山里亮太のプレゼン力に賞賛の声 「泣かされた」視聴者続出

『そんなことある』に陣内智則、千鳥・ノブ、バイきんぐ・小峠と共に出演した南海キャンディーズ山里亮太のプレゼン力とは…

「そんなことある!?」と思わず叫んでしまう、想像を超えた実話をプレゼン形式で紹介する『奇跡! 偶然! 衝撃! プレゼンSHOW! そんなことある!?』(日本テレビ系)が4日深夜に放送された。

(画像は山里亮太Instagramからのスクリーンショット)

南海キャンディーズ・山里亮太(40)が陣内智則(43)、千鳥・ノブ(37)、バイきんぐ・小峠英二(41)、声優の松野太紀(49)らとエピソードを披露。

その中でも、視聴者からは山里への絶賛が相次いでいる。


 

■ケガ人ゼロの飛行機事故

1本目、死者はもちろんケガ人さえゼロの「飛行機事故」について山里は語る。

山を眺めるのが趣味の老婆が、いつもの山に「飛行機の白い機体」を発見し騒動となるが、実は白い植物「ヤマボウシ」が、偶然にも機体に見える位置に自生していたという実話。

驚くべき結末ではあるが、山里はこの物語を見事なトークでさらに盛り上げた。

臨場感あふれる物語を展開、「飛行機じゃないかもしれない」と気づいた老婆側の心境など笑いを交えて語り、驚きの結論へ至る。

「地球が仕掛けたおばあちゃんへのドッキリ」と締めくくった山里に観客から惜しみない拍手が贈られた。


 

■結婚式で起きた奇跡

本来は1人1本のプレゼンだが、山里は2本目を志願。

「占い師に『今世、結婚はない。来世は草』と言われた。結婚式を挙げることが奇跡」と自身を卑下しつつ、「結婚式で起きた奇跡」について語る。

新郎の父がスピーチで「実は新郎には本当の母親がいる」と告白、1時間前に元妻を見つけたと語る。偶然にも介添人の女性が実の母。駆け寄った新郎新婦が花を渡すと、女性は顔を伏せたまま何度も何度もうなずいた。

ここでも山里は情感たっぷりに物語る。さらに、俳優・寺田豊(74)が新郎の父のスピーチを実演し、物語を盛り上げた。

次ページ
■「泣いた」視聴者続出

あなたにオススメ