強制に違和感? 「学生の運動嫌い半分に」スポーツ庁の目標に反発の声

スポーツ庁が「スポーツ嫌いな中学生を5年で半分に減らす」目標を掲げ、一部から反発の声が挙がっている。

ライフ

2017/09/06 08:00

(DAJ/Thinkstock)

スポーツの秋が到来し、運動会の練習が始まる幼稚園や学校が多いのではないだろうか。スポーツ庁の昨年度の調査によると、中学生の16.4%が運動やスポーツをすることが「嫌い」・「やや嫌い」と回答しており、憂鬱な学生もいそうだ。

そんな中、スポーツ庁は「スポーツ嫌いな中学生を5年で半分に減らす」目標計画を発表。スポーツ嫌いを半分に減らすため、学習指導要領の改訂や、小学校に体育専科教員を導入など、具体的な施策案も多い。

また、運動習慣が少なくなると、生活習慣病のリスクも懸念されるため、若年層のうちに運動習慣を…という狙いもあるだろう。

しかし、この流れには、一部で反発の声が挙がっている。

 

■「スポーツ嫌いを減らす」に反発

Twitterでも論議されており、「スポーツ嫌いを減らそう」との言葉への違和感や、スポーツ嫌いのどこが悪いのかとコメントする人が見受けられる。

また、強制されるべきではなく、運動できない子がちょっと失敗すると「何やってんだよ」みたいな顔をされるのが恥ずかしいと意見する人も多かった。

 

■体育の授業が嫌いだった?

しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,348名を対象に、体育の授業に関する調査を実施した。

体育の授業が嫌いだったと回答したのは全体の49.5%。男女年代別では、30代と40代の間に差が生まれている。

体育嫌いが半数近くいる一方で、「開き直るのは、ちょっと違うのでは?」と疑問に思う人や、「楽しめるようになったのは、大人になってから」という声もある。

https://twitter.com/sychiv/status/871710742130548736

運動が「苦手」「上手くできない」人が、必ずしも「嫌い」になるわけではなく、「苦手だけど、好き」「上手くできないけど、楽しい」というケースも少なくない。

これは「運動」を「歌」に置き換えてみると、「下手だけど、歌うのが好き」な人が多いことなどから、イメージしやすいかも。

ちなみに、まったくスポーツがダメで、クラスメイトから見下されて大嫌いだったけれど、一緒に楽しんだり教えてくれたりする彼氏の存在に感謝し、環境は大事とコメントする人も。

 

身体を動かすのが気持ちいい季節。上手にできても、できなくても、楽しめるスポーツを見つけるのがオススメだ。

・合わせて読みたい→武井壮、「就活で役立つ部活動1位」のラグビーを大絶賛 その理由に納得

(文/しらべぇ編集部・小河 貴洋

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日
対象:全国20代~60代の男女1,348名(有効回答数)

あなたにオススメ