元NMB48須藤凛々花、「アイドルはやっぱ営業」発言に非難殺到

『第6回AKB選抜総選挙』で結婚宣言した元・NMB48の須藤凛々花。『ダウンタウンDX』に出演し、アイドルとしてその行為に踏み切った理由を激白した。

エンタメ

2017/09/15 14:00

須藤凛々花

6月17日に行われた『第9回AKB選抜総選挙』で「結婚宣言」をして物議をかもした元・NMB48の須藤凛々花(20)。

14日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)で、結婚宣言をした理由を告白。その理由が話題を呼んでいる。


 

■禁断の恋は2年前から

相手男性とは2年前に母親の誕生日パーティーで知り合ったという須藤。「私が一方的に好きになって。AKBは片思いはOKということになっていたので、毎日相性占いをしたりして…1年間温めて」と、淡い恋心をもっていたよう。

しかしその後「そのあと連絡先を交換して、いろいろ会ったりドライブしたりして…」と、禁断の恋が育まれていったそう。

MCのダウンタウン・浜田雅功(54)は「その間ずっとファンはお前を応援してたんや!」と熱のあるコメントをした。


関連記事:須藤凛々花の結婚騒動に武井壮が激怒 「ファンは何のために投票したんだ」

 

■アイドルはやっぱり「営業」

総選挙での結婚宣言について、「ファンのことは考えていなかったんですか?」という質問がされると、「アイドルとしても、自分の恋も両方諦められなかった」と語る須藤。

さらに「やっぱりアイドルとして選挙に出るのは大事なことなので『投票してください』っていうのも大事な仕事」と語り、アイドルとしてのあり方を述べた。

しかし、その後「(アイドルの仕事は)やっぱ営業じゃないですか」と現実味ある理由を語ると、「言葉悪いなオイ」とツッコミが入り、スタジオは笑いに包まれた。

次ページ
■ファンからは非難殺到

あなたにオススメ