しらべぇ

衣替えのハザマにやっちゃいがち? 機能性インナーの取違えあるある

「エアリズム」と「ヒートテック」って、機能は違うけど見た目が…

ライフ

(Minerva Studio/iStock/Thinkstock)

季節の変わり目であるこの時期、そろそろ衣替えをする人も多いはず。しかし、まだまだ暑い日と涼しい日が入り混じるため、完全に入れ替えるにはまだ時間がかかる。

そんな、クローゼットに夏服と秋服のアイテムが同時に並ぶタイミングだからからこそ、起きてしまうミスがあるようだ。

 

 

■「間違えた」の声続出?

起きがちなのは、機能性インナーを間違えて着てしまうパターン。例えば、ユニクロの代表的なアイテムである「エアリズム」と「ヒートテック」について、「エアリズムかと思って着たら、ヒートテックで汗だくになった!」という話が…。

Twitterをチェックしてみると、「間違えた」という声が多く見られる。

暑さでやっと間違いに気づくようで、見た目や着心地にはあまり違和感がないようだ。

ちなみに、エアリズムとヒートテックはそれぞれタグに表記があり、着る前に確認すれば間違えないのだが、小さなタグを毎回チェックする人はあまりいそうにない。

しかも、インナーの特性上、機能は違っても色や形がほぼ一緒――というのは、避けようがないこともあり、「洗濯して畳む時にチェックし、入れる棚を変える」などの工夫をしないと、「また、やっちゃった!」となりそう。

 

■ユニクロ店員も「あるある」

「エアリズムとヒートテック取り違え事件」が頻発しているようなので、実際にユニクロの店員経験者に話を聞いてみた。

「あー。それは“あるある”ですね。(笑)今の時期は『エアリズム』『ヒートテック』また『極暖』というヒートテックの上位機能のものまで、多くのタイプが店頭にあります。

 

しかも、半袖だと袖の長さや首回りのデザインまで、ほぼ同じだから、間違えて買われるお客様も多いんですよ。『着たら涼しいはずなのに、暑いじゃないか!』といったクレームも実際にありますし、頼まれて買った人が間違えた…ってパターンも多いですね」(20代・男性)

 

「この時期は衣替えのシーズンでもあるので、『エアリズムとヒートテック、どっちがどっちか分からなくなった』といったお問い合わせ、よくありますよ。

 

比較すれば、手触りや厚みが違うので分かりやすいのですが、見た目が似過ぎなので、パッと見だと店員でも間違うかも」(30代・男性)

 

店員でも間違いそうなレベルなら、「やっちゃっても、しょうがないよね」という感じか。

安くて機能性もある商品として、アイテム両方を愛用している人も多いだけに、季節が完全に切り替わるまでは、気が抜けないことになりそうだ。

・合わせて読みたい→【超スゴい】全身ユニクロで雪遊びは耐えられるのか実験→余裕だった

(取材・文/しらべぇ編集部・ステさん

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集