嫌いなママタレントランキング 1位は男女ともに納得の結果に

さまざまな理由から嫌われているママタレントをランキング形式で発表!

(violet-blue/iStock/Thinkstock)

タレント活動をしながら、同時に家庭で育児も両立させているママタレントたち。懸命に頑張る姿に勇気をもらえる一方、中にはイラッとしてしまう人もいるだろう。

そこでしらべぇ編集部は、全国20〜60代の男女1,354名を対象に「嫌いなママタレント」について、複数回答で調査を実施。以下、トップ5をランキング形式で発表しよう。

 

■第5位:木下優樹菜(19.6%)

2児の母である木下優樹菜(29)。夫であるFUJIWARA・藤本敏史(46)とともに、子供の成長記録をインスタグラムにアップしており、ファンから反響を呼んでいる。

しかし、おもに40代女性の3割が否定的なよう。「オメェ」「ざっけんな」といった言葉遣いも含め、おしとやかな古き良き母親といったイメージがないことが影響しているか。

 

■第4位:益若つばさ(20.1%)

1児の母である益若つばさ(31)。タレント業のほか、ファッションブランドのプロデュースを行うなど、多岐にわたる活躍を見せている。

しかしその一方、30代女性の3割弱、4、50代の3割以上が「嫌い」と回答。華々しい仕事ぶりの一方、母親としての役割の部分であまり良く思わない女性が多いのかもしれない。

次ページ
■第3位は自由なイメージのある女優

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ