『ドクターX』小ネタ炸裂 キムタクの名台詞から岸部一徳へのベース批判も

鈴木浩介の「ちょ、待てよ」、遠藤憲一の女子トイレ乱入、「ベース批判」にムスッとする岸部一徳など、小ネタが炸裂した『ドクターX』第二話

ドクターX

19日、米倉涼子主演ドラマ『Dostor-X〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系)第5シーズンの第2話が放送された。

ゆとり世代の若手医師をめぐる緊迫感あふれるストーリーと、時折挟まれる小ネタのコントラストが際立った回になった。


画像をもっと見る

 

■若手医師・西山の母親が患者に

ドクターX

今回、焦点をあてられたのは伊東亮治(野村周平)ら、ゆとり世代の若手医師たち。彼らは未知子同様、組織のルールやしがらみに対しては、我関せずという態度をとる。

そんな中、未知子は院内でみぞおちを押さえて意識を失いかけている女性と遭遇。彼女は伊東の母・不二子(中田喜子)であり、極めて稀な進行胆のうがん肉腫を患っていることが判明する。

「東帝大学病院」で手術を受けることになった不二子。そこで伊東が未知子も納得する術式を提案をしたのだが、不二子は肝心の手術を拒否。彼女は自分の病状の重さを把握しており、息子の将来に影響を与える形で死にたくないと語る。

だが、それを未知子は「息子のことを何ひとつ信用していない」と指摘。「手術の同意書が取れないなら仕方ないです」と話す伊東に対しても「ほっとしてるんでしょ」と厳しく言った。


関連記事:『ドクターX』感動の最終回も…西田敏行に「続編あっても出ない?」の声

 

■「私、失敗しないので」は手術中に登場

その後、同意書が書かれ、母親の手術を決意した伊東。未知子が助手を務めることになるが、想定外の出血が発生。

伊東はあえて心停止させることにより、出血点を探すが見つけられず……というところで未知子が交代。

言い訳がましく語る伊東に対し、

「うるさい!」


「私、失敗しないので」


といつもの決め台詞を放ったのだった。(53分過ぎ) なお、いつも通り未知子は無事止血に成功。奇跡の腕前で、手術を成功に導いた。

その後、伊東は記者会見で医師を辞めることを宣言。未知子の名前をあげ、彼女が事実上の執刀医だったことを明かして、東帝大病院の顔に泥を塗ったのだった。

次ページ
■「金の流れ」が厳しく監視されることに

この記事の画像(3枚)