NMB48・山本彩、ソロツアー初日を広島で開催 ドリカム楽曲のサプライズも

カープ熱に盛り上がる広島で自ら作詞作曲を手掛けた楽曲を披露!

©NMB48

NMB48の山本彩が20日に全国7都市8公演ツアー『山本彩LIVE TOUR 2017~identity~』の初日公演を広島文化学園HBGホールでスタートし、しらべぇ取材班も訪れた。

広島から幕を開けたツアーは、最新アルバム『identity』からの楽曲を中心に構成し、NMB48での活動とは異なるソロアーティスト・山本彩の世界観をたっぷり届ける密度の濃いライブとなった。


 

■広島の街は広島カープ一色で驚いた

©NMB48

広島には前日に来たという山本は、「今クライマックスシリーズの真っ最中ですけど、広島はカープですごい盛り上がっていますね。広島に着いたらカープのユニフォーム姿の人が多くてビックリしました。街もカープ色ですごく熱を感じました。私は阪神ファンなんですけど」

と広島の熱に触発された様子だった。


関連記事:NMB48・山本彩ソロライブで号泣 ファンに「初シングル発売」を約束も

 

■山本が作詞作曲の楽曲を披露

ライブは「初日、皆さん声を出していきましょう」の山本の号令とともにスタート。オープニング曲は『JOKER』。

最新アルバムの1曲目に収録されている楽曲であり、自らが作詞作曲を手掛けたパワフルソングである。

ここから『レインボーローズ』『どうしてどうして』と続き、楽曲ごとにギターを持ち替えながら、パワフルに歌い上げる曲からしっとり聴かせるバラードまで、山本の表現力を持ってしてファンをあっという間に魅了していった。

今回のライブでは、NMB48の楽曲は一切無く、山本が自ら作詞作曲した楽曲やこれまで縁の無かったアーティストから提供された楽曲を中心の構成になっている。

次ページ
■ドリカムの曲を歌うサプライズ

この記事の画像(4枚)


あなたにオススメ