事故や渋滞も防げてお金も稼げる? トヨタの『未来型ドラレコ』がアツすぎる

トヨタの『未来型ドラレコ』がステキすぎる…事故を防ぐだけでなくお金も稼げる可能性も

最近は「あおり運転」によるトラブルが全国で相次ぎ、運転中に周囲を録画できる『ドライブレコーダー』(ドラレコ)の需要が高まっている。

わざと事故を起こして揉めようとする悪質なドライバーもいることから、警察沙汰になったときにもドラレコは非常に重要な証拠となるのだが、気になるのはやはり設置費用。


 

■ドライバー待望のドラレコをトヨタが開発中

安いものでも数千円、取り付け料を含めると数万円になることも多いため、安全になるとしても付けることをためらってしまうドライバーもいる。

そんな人たち待望のドラレコをトヨタが開発していることが判明。

そのドラレコが展示されていたのは、10月27日から一般公開が始まる『東京モーターショー2017』のトヨタブースだ。


 

■渋滞情報もわかるドラレコ

いったいトヨタが開発しているドラレコのなにがスゴいのかというと、まずクラウド上にドラレコで撮影した情報を常時アップロードすることにより、渋滞情報もわかること。

しかも一般的なナビでわかる渋滞情報は道路全体の混雑具合しかわからないが、これはドラレコで撮影した動画をもとに渋滞情報がわかる。

そのため、ナビ以上の速度でレーンごとの渋滞情報も把握することができるのだ。

次ページ
■通行止めの情報までクッキリ

この記事の画像(9枚)

あなたにオススメ