料理がまずくなる! 客の目前で新人を叱る飲食店の最悪行動3選

新人に指導する時に裏に行くようにする…などの配慮をしないお店もあるようだ。

(Kavuto/iStock/Thinkstock)

怒鳴り声を聞きながら食べる料理は、不思議と味がまずくなるもの。しかし飲食店の中には、そんなことにも気づかずに、客の目前で新人を叱りつけるところもあるようだ。



 

①汚い言葉遣いで注意する

「新人の子がテーブルで料理の対応をしてくれたんですが、横でフォローについていたウエイターが『そうじゃねぇよ。ふざけんなよ』と、すごい言葉遣いで指導。


間違えてしまった新人の行動よりも、客の目前でそんな言葉遣いをする方がこっちは気分悪いし、問題だろ…。きっとパワハラな飲食店なんでしょうね」(男性・36歳)


関連記事:ご飯おかわり自由の定食屋 店員が去った後「客の行動」に絶句

 

②女性に怒鳴り声をあげて叱る

「女性店員が注文した品を置く時に、間違えて飲み物を倒してしまったら、出てきた店長が『おい、気をつけろよ! なにやってんだよ!』と、怒鳴り声をあげて説教。


女性相手にそんな叱ることないし、うちらが申し訳ない気持ちになって、テンションダウン。


楽しい気持ちでご飯が食べられませんでした」(女性・29歳)


③お店の真ん中で説教をする

「居酒屋で飲み会をしていた時に、お店のど真ん中でベテランっぽい人に新人の子がキツい口調で怒られていて半泣きになっていました。


皆からジロジロ見られて叱られた子も可哀想だったし、楽しく飲んでいたお客たちも重苦しい雰囲気に…。こんなの誰も得しないと思う」(女性・26歳)


▪️客の目前で叱らないのもサービスのひとつ!

ちなみにしらべぇ取材班が、全国20代~60代の男女1,358名に「味は良くても店員のサービスが悪い店には二度と行かない」のか調査したところ、およそ半数以上が「はい」と回答。

サービスが悪いお店には行かないグラフ

どんなに自分へのサービスがよくても、新人を恐い顔で叱っている姿を見てしまえば、客は一気に引いてしまうだろう。

新人を指導する時には周りに見えないように裏へ行く…なども配慮も、客への気遣いのひとつだと心してほしいものだ。

・合わせて読みたい→注文された料理を提供すると… 「男性客が放った一言」に耳を疑う

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年6月19日(金)~2015年6月22日(月)
対象:全国20代~60代の男女1358名 

この記事の画像(1枚)