弁護士が解説! 稲垣、草彅、香取がネットテレビで示した「芸能界の新しい地図」

芸能界とテレビメディアを縛る「忖度」について芸能の世界にくわしい佐藤大和弁護士が斬る。

エンタメ

2017/11/12 11:00

(©AbemaTV)

日本エンターテイナーライツ協会の共同代表理事を務めている弁護士の佐藤大和です。

先日、配信された稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんが生出演したAbemaTVのインターネット番組『72時間ホンネテレビ』は、3日間の総視聴数が7200万を超えるという快挙を成し遂げました。

これは3人の人気がまだまだ健在どころか、彼らを求めている視聴者がたくさんいるということを示しています。しかしながら、テレビでは、そんな3人の活躍をあまり取り扱っていません。

また、これだけ人気があるにもかかわらず、3人をテレビCMで使おうとする話も今のところあまり聞きません。

 

■忖度が多いメディア(テレビ業界)と芸能界

もちろん「この背景には不当な圧力があるのでは?」と思う方もいると思いますが、これはおそらくメディア側の「忖度」もあるかと思っています。

思えば、忖度という言葉は、今年一気に有名になりましたが、メディア(テレビ業界)や芸能界の忖度は、今に始まったことではありません。

事務所移籍など事務所と対立したタレントの多くは、メディア出演が激減していることからもわかるかと思います。この忖度などがあることで、タレントは思い切った事務所移籍ができなくなります。

 

■タレントの自由は制限されている

タレントたちの自由が強く制限されています。そのなかで、事務所移籍や独立を強行した場合、事務所同士の話し合いで綺麗に移籍ができたケースや、前の事務所より強い事務所に移籍した場合はともかく、その多くは厳しい立場になってしまう。

現在も有名タレントさんの独立トラブルが大きく話題になっていますが、おそらくメディアの出演やCMは激減するでしょう。

次ページ
■新しいインターネットメディアの可能性

あなたにオススメ