ビートたけしが稲垣吾郎に真剣アドバイス 「心に響いた」と感涙の声

ジャニーズ事務所から独立した稲垣吾郎。『ゴロウ・デラックス』に出演したビートたけしがアドバイスを送った。

ビートたけし

ジャニーズ事務所を退所し、新たなスタートを切った稲垣吾郎(43)。40歳を越えて再出発することはとても勇気が必要だったに違いない。

その稲垣について、16日深夜放送の『ゴロウ・デラックス』(TBS系)に出演したお笑い芸人・ビートたけし(70)がアドバイスを送り、話題になっている。


 

■「進化している証拠」とアドバイス

「いろいろありまして…」とアドバイスを求める稲垣へ、たけしは「『幸福の科学』にでも行ったら?」と、軽妙なトークでスタジオを湧かせた。

さらに人生の転機を迎えた稲垣について「転機もいっぱいあったらいいと思うよ。変わって生きていくのは進化している証拠なんだから」と語り、環境が変化することについても賛成しているようだ。

そして「ありがたいと思っちゃったほうがいい。チャンス」と続け、転機を「脱皮」と捉えるべきだとし「羽化するまでの飛び立つまでの段階だと思えば」とアドバイスした。

この言葉に稲垣は感銘を受けたようで「ありがとうございます。うれしいな…」と喜びの様子。たけし自身も事務所から独立した経験もあり、稲垣もそこに説得力を感じたのだろう。するとたけしは「成功したらお金貸してね」と照れくさそうにジョークを交え、笑いを誘った。


 

■ネット上では感動の声

アドバイスしながらも笑いを忘れないたけしの発言に、ネット上でも「感動した」「さすがたけし」との声があがった。


■かつてはSMAP解散を心配されていた稲垣

しらべぇ編集部ではSMAPが解散する前に、全国20〜60代の男女1,351名に「SMAPの中で『あの人は今?』になりそうなメンバー」について調査を実施していた。その結果、約4割が「稲垣吾郎」と回答。

個性派揃いのメンバーの中で、稲垣は世間からは埋もれている印象がもたれていた。

しかし『72時間ホンネテレビ』(AbemaTV)での活躍など、事務所を独立してからはむしろ生き生きと活動している印象がある。「あの人は今?」と心配されることはないだろう。


ビートたけしのアドバイスをうなずきながら真剣に聞いていた稲垣。事務所を独立した今、より一層羽ばたくときが訪れたのかもしれない。

・合わせて読みたい→稲垣吾郎、坂上忍と初対談 SMAP時代は「おまえの代わりなんていくらでもいる」

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年9月23日~2016年9月26日
対象:全国20代~60代の男女1351名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ