しらべぇ

「テラハNo.1美女」とモテはやされたNiki 「この私が!」発言に唖然

「顔面最強モテ女」と称されたNiki。しかし、その独特な恋愛観にファンも唖然…

エンタメ

(画像はInstagramのスクリーンショット)

大人気リアリティーショー『TERRACE HOUSE ALOHA STATE』の元メンバーで「番組史上No.1美女」と称されるモデルのNiki(丹羽仁希)が、21日放送の『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)に出演。

常人離れした「モテ女エピソード」を披露し話題となっている。

 

■バラ100本の告白も「置いて帰った」

米国の映画情報サイト『TC Candler』が毎年12月に発表している『世界で最も美しい顔100人』の2017年度のランキングにノミネートされるなど、世界レベルの美女とも言えるNiki。

そんな彼女は自分から異性を好きになったことはないらしく、「自分に自信のある人は苦手」なよう。歴代の交際相手については、相手からのアプローチで交際に発展し、ルックスについては「ブサイクだった」とコメント。

過去に100本のバラを持って突然告白を受けたこともあったようだが、「重いから置いて帰っちゃった」とあっさり。このエピソードに鈴木奈々は「羨ましくてムカつく!」と率直なコメントを放ち、笑いを誘った。

 

■「尽くしてくれる人」が大前提

さらに、Nikiは理想の恋愛において「尽くしてくれる人がいい」と回答。

「靴下も履かせてもらったら嬉しいし、ドアも開け閉めしてほしい。エレベーターやエスカレーターとかも先に行かせてほしい。(エスコートを)ナチュラルに癖っぽくやってくれる人がいい」など具体例をあげた。

「自分が何か相手にしてあげたいなって思うことはない?」という質問に対しては

「してくれたらしてあげるけど、何もしてくれない人に自分が色々してあげるのはない。何にもしてくれてない人に、この私が何で尽くさないと…」

 

と、独特な感覚を明かす。Nikiとは対象的に「私は靴下を(彼に)履かせてあげたい」と話していた藤田ニコルは「マジで言ってんの?」と驚きを隠せない様子。

MCの有田哲平からも「思わず言いましたね『この私が』。これが本性です」とのコメントが飛び出し、コーナーの最後には鈴木が「女が嫌いな女!」と総括した。

 

■独特な恋愛観にファンも唖然

多くの男性から言い寄られるNikiが明かした独特な恋愛観に、視聴者からも驚きの声が。思わず出てしまった「この私が」というフレーズから「嫌いになった」との声も。

恋愛観は人それぞれだが、「(今のままの姿勢では)幸せな恋愛が出来ないのでは?」という懸念の声もあがっている。

 

■2人に1人の美女が「人生楽勝」

しらべぇ編集部が全国の「容姿端麗な男女」263名を対象に「美人(イケメン)に生まれて人生楽だった」と感じているか調査を行ったところ、美女の約半数が「楽だった」と回答。

顔で得グラフ1

容姿が優れていることで、「得」をすることは人生の中に多々あるようだ。「彼氏がほしいと思ったことはない」と語っていたNik。モデルをはじめ、今後の芸能活動に期待がかかる。

・合わせて読みたい→人を外見で判断する?美男美女に甘くなる人たちの特徴

(文/しらべぇ編集部・もやこ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年6月24日~2016年6月27日
対象:全国20~60代の容姿端麗な男女263名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集