しらべぇ

熱々シチューが美味しい季節! かける・かけない派に加え新たな派閥も

『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)でも、シチューをごはんに「かける」「かけない」が話題に

グルメ

(kazoka30/iStock/Thinkstock)

気温がグッと下がってくる季節。鍋料理の出番も多いが、クリーミーで熱々のシチューが食べたくなる日も。

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の男女1,354名を対象に「冬にシチューを食べる頻度」について、意識調査を実施した。

■女性はシチュー頻度が多め

全体では「よくする」9.4 %と「まあまあする」25.0%、「たまにする」32.0%で「冬にシチューを割と食べる」人は66.4%。

「あまりしない」15.1%と「ほとんどしない」18.5%で、「あまりシチューを食べない」人は33.6%という結果に。

男女別では

「よくする」「まあまあする」「たまにする」と回答した「冬にシチューを割と食べる」の割合は、男性が61.8%に対し、女性は70.9%と女性が9ポイントほど上回った。

野菜とタンパク質がバランスよく食べられ、クリーミーな味わいのシチューは、女性の好きなタイプのメニューのひとつのようだ。

 

また、「冬にシチューを割と食べる」人が多い特徴を見てみると、

「バンド経験がある」「再婚経験がある」「新商品はチェックする方だ」「インスタグラムを使っている」といったものが上位に。

ちなみに、地方別では北海道が80.3%で1位となっており、最下位は九州・沖縄の61.0%。やはり寒いエリアほど、頻度が高い傾向がありそうだ。

 

■かけない派の拒否感と新派閥

4日深夜に放送された『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)で、シチューをごはんに「かけるか? かけないか?」の街頭調査が紹介され、ネットでも話題となった。

Twitterをチェックしてみると、「かける派 vs かけない派」の数的な争い――というよりも、「かけない派」の「かける」への嫌悪感や拒否感が、やや強い印象も。

そこで「かける派」「かけない派」に話を聞いてみたのだが、その過程で、新たな派閥も登場した。

<かける>

「元は、自分も『かけない派』だったのですが、ある喫茶店の日替わりランチに『チャウダーライス』というのがあって…クラムチャウダーがごはんにかかっているんです。これが意外と美味しくて、『かける派』になりました。なんでも、試してみるもんですよねぇ」(40代・男性)

 

<かけない>

「どうしてかけるのか、わかりません。絶対にイヤです。夫が『かける派』で、シチューを作ると嬉々として、ごはんにかけて食べているのですが、これだけは本当に理解できません」(30代・女性)

 

そして「新たな派閥」は、クリームシチューではなく、ビーフシチューをメインに意見が分かれた。

<ビーフシチューはかける>

「基本はかけなかったのですが、お店などのオムライスにデミソースやビーフシチューをかけたものが大好きで…。それで、クリームシチューはかけない、ビーフシチューはかける――になりました。白いごはんも、ちょっとハヤシライスっぽい感じで、ありです!」(20代・女性)

 

<ビーフシチューはパスタ>

「クリームシチューもビーフシチューも、ごはんにはかけないです。パンもいいけど、ビーフシチューは断然パスタ。煮込んだお肉や野菜が、弾力のあるパスタとよく合います。珍しがられますけど、美味しいですよ」(40代・女性)

 

みんな違って、みんな美味しい…ということで、楽しみ方は人それぞれ。「かける派」のコメントのように、たまには「なんでも、試してみるもんですよねぇ」を実践するのもオススメ。

強まる寒さを乗り切るために、今日はシチューで温まってみては?

・合わせて読みたい→シチューごはん否定派も肯定する美味しさ! ハウス『シチューオンライス』が登場

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日
対象:全国20代~60代の男女1354名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集