良い子に育つ! 他人の子供を叱った時に親にされた最高対応3選

自分の子供が他人に叱られた時に逆ギレをする親もいる中で、素晴らしい行動を取る親もいるようだ。

sirabee1221orange007
(kuppa_rock/iStock/Thinkstock)

近年、他人の子供が悪いことをした時に叱ると、親が逆ギレをする…というのはよく聞くものだ。

だが中には、子供が注意を受けた時にきちんとした対応をする親もいるらしい。

しらべぇ取材班は、人々から「他人の子供を叱った時に、その親にされて感動した行動」を聞いた。


 

①子供が注意された後に一緒に謝罪にくる

「ショッピングモールのキッズスペースで遊んでいたら、小学生くらいの子が、うちの1歳児に衝突して倒したので注意を。


それに親が気づいたのか、子供が話したのか…。


数分後に、親子で私のところへ戻ってきて『さっきはすみませんでした』と、一緒に頭を下げて謝罪。


子供を注意した後に、親がわざわざ謝りに来るのは初めて見た」(女性・30歳)


 

②子供を叱ってくれたことにお礼を言う

「友達の子供が悪さをした時に叱ったら泣いてしまったので、その子の親にキレられるのを覚悟で、事情を話して謝ったら『いいの、いいの。どんどん叱って』と。


また『きちんと子供を注意してくれてありがとう』と、お礼まで言われました。


子供を注意すると険悪になるママ友が多い中で、素敵な人だな…と感動」(女性・36歳)


③子供が注意されたことを反省する

「飲食店でバイトをしていた時に、通路で『戦いゴッコ』をして騒ぐ子供たちがいて、周りの客に体やキックがぶつかって迷惑をかけていたこともあり、店員として注意しました。


それを見たその子たちの親は『店員のくせに偉そうにね〜』と怒っていたんですが、ひとりの親だけ『私たちが甘くなっていた。よくなかった』と反省。まともな親だと思った」(女性・25歳)


■他人の子供を叱れるのはどれくらい?

しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,332名を対象に調査を実施。

「外で知らない人や他人の子に注意することがある」と回答したのは、全体の19.1%という結果に。

他人の子供が悪いことをしても、見て見ぬふりをする人は多いもの。

だからこそ、きちんとした子供に注意してくれた人がいた時には、不快に感じるのではなく感謝をしたほうがいいのかもしれない。

・合わせて読みたい→子供が迷惑かけても無視! 叱らない教育をしている親の最低行動3選

(文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年3月24日~2017年3月26日
対象:全国20代~60代の男女1,332名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ