メンヘラたちの未来は? 不安定な気持ちが強い人はあの層に多いが…

メンヘラと呼ばれる気持ちが不安定な人たちは、どのような将来が待っているのか。

ライフ

2018/01/07 12:00

精神的に不安定
(©ぱくたそ)

精神的に不安定な人を、ネット上などでは「メンヘラ」と呼ぶことも。そんなメンヘラに自分自身が該当していると思う人は、どんな層に多いのだろうか。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,344名に「精神状態について」の調査を実施。

その結果「気持ちが不安定なことが多い」と答えた人は、全然では37.3%であった。



 

■若い女性に多いメンヘラ

性年代別では、20代から30代の女性で多くなっている。

精神的に不安定性年代別グラフ

いわゆるメンヘラの定義も、若い女性を対象にしていることが多い。

「漠然とした不安を、常にかかえている感じ」(20代・女性)


「感情の波が、とても激しい」(30代・女性)


関連記事:高橋真麻、杉田議員の失言に「メンヘラ」と苦言 切り込んだ発言に波紋も

 

■恋愛で発揮する振り回し力

不安定な気持ちを、恋愛で埋めようとする人も多い。しかし相手に求めすぎてしまい、どんなに一緒にいても安心感は得られないことも…。

「彼氏への依存が強すぎるとわかっているのに、やめられない。『私のこと、好きじゃないんでしょ!』みたいに泣きながら責めて、『そんなことないよ』と慰めてもらうことの繰り返し」(20代・女性)


メンヘラは、女性を対象として描かれることが多い。しかし男性でも、恋人を束縛するタイプの人はいる。

「昔付き合っていた人が、めちゃくちゃ束縛するタイプだった。しかもよくわからないところでスイッチが入って、『おまえは俺のことを、全然わかってない』と朝まで説教。


それでも別れられなかった私も、メンタルに問題があったんだろうけど…」(30代・女性)


■年齢とともに落ち着く人も

不安定な精神状態の人たちは、ずっとそんな気持ちで生きていくのだろうか。昔は精神状態があまり良くなかったという女性は、次のように語る。

「若い頃は常に不安感を抱いていて、周囲の人を振り回すこともあった。『私の人生ずっとこのままなんじゃないのかな』と思ったこともあったけど、年齢とともに落ち着いてきた気がする。


他人にすがって評価を求めるよりも、自分がいいと思えることが大切だと気づいたから。今は気持ちが安定しているし、それだけで幸せだと思う」(40代・女性)


メンヘラと呼ばれる状態ではなくても、若い頃は不安定な気持ちになりやすいもの。そんな時期を経て、人は成長をしていくのだろう。

・合わせて読みたい→

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年12月15日~2017年12月18日
対象:全国20代~60代の男女1,344名 (有効回答数)

この記事の画像(1枚)