しらべぇ

「YOSHIKIの世界」女性プレゼンターに賞賛殺到 「見習いたい」の声も

YOSHIKIのために独学で会社経営をしてしまった女性の「ファンとしての姿勢」に注目集まる

エンタメ

(画像はInstagramのスクリーンショット)

「ビジュアル系」というジャンルを確立し、日本の音楽史に多大な影響を与えたバンド、X JAPANのリーダー・YOSHIKI。

そんな彼が9日放送の『マツコの知らない世界』(TBS系)に出演し、コラムニストのマツコ・デラックスと初共演を果たした。

YOSHIKIから様々なエピソードが語られる中、インターネット上ではプレゼンターの女性に注目が集まっている。

 

■独学で経営者になった女性

「マツコの知らないYOSHIKIの世界」のプレゼンターとして登場したのは、「自称YOSHIKIのすべてを知っている」というさかいさん。

彼女はYOSHIKIが出演したライブやイベントへは全て赴いているそうで、同番組へもYOSHIKIがプロデュースしている着物ブランド『TOSHIKIMONO』を着て出演する徹底ぶり。

さらに「YOSHIKIのためにOLを辞めて経営者になった」ことも明かし、「パソコン1つで世界中どこにいても仕事ができるように」と、独学でWEB関連の会社を経営しているのだという。

さかいさんがこれまでファン活動に費やした金額は2,000万円を超えており、3種類全て所持しているという「YOSHIKIカード」の溜まったポイントで「YOSHIKIに会える」という特典を2回受けられる状態なのだとか。

 

■YOSHIKIへの敬意と的確な進行

スタジオへ現れたYOSHIKIの席はさかいさんの隣。感動と興奮を滲ませるさかいさんだったが、YOSHIKIとの間に適度な距離をとり、高ぶる気持ちを抑え冷静に番組を進行。

憧れのYOSHIKIが隣に座り、マツコを相手にプレゼンをするという場において、終始穏やかなテンションを保つさかいさん。

しかし、X JAPANの解散騒動や、メンバーのHideさんが亡くなった当時のエピソードが語られる場面では、ファンとして静かに涙を流した他、随所に「熱狂ぶり」を伺わせるリアクションを挟む場面も。

その後目の前でYOSHIKIがピアノを演奏するというプレミアムな体験を経た彼女だが、その直後にしっかりとX JAPANのドキュメンタリー映画『WE ARE X』の告知をするという大役も全うした。

 

■さかいさんの「ファン姿勢」に反響

インターネット上では、YOSHIKIが語った様々なエピソードへの感想もさることながら、YOSHIKIへの気持ちを原動力に独学で会社を経営、テレビ番組で共演しても冷静に進行したさかいさんに多くの反響が寄せられている。

「いち女性ファンがYOSHIKIとテレビで共演する」とのことで、予告の段階では「(出演するのは)YOSHIKIだけでいい」といった冷ややかな声も。

しかし、いざ蓋を開けてみると純粋にYOSHIKIが好きだという気持ちと、彼女の凄まじい努力と行動力に多くの注目が集まった。

 

■趣味に月1万円以上支出する人は2割

しらべぇ編集部が全国の20~60代の男女1,368名を対象に「月1万円以上支出する趣味がある」人の割合について調査したところ、「ある」と回答した人の割合は、全体で約2割ほどという結果に。

男女別に見てみると、男性と女性ではかなり差が開いていることが発覚。

プレゼンターのさかいさんは、「YOSHIKIの世界」と共に「好き」という原動力の素晴らしさを伝えてくれた。

・合わせて読みたい→X JAPANのYOSHIKI「ヘドバンは良くない」 「いまさらすぎて説得力ある」の声

(文/しらべぇ編集部・もやこ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年8月26日~2016年8月29日
対象:全国20~60代の男女1368名(有効回答数)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu