しらべぇ

韓国の刺身店、その名も『独島マグロ』が大人気! 味を確かめた結果…

韓国で独島マグロが大人気! そのお味は…

グルメ

寿司店で定番のマグロは、日本だけでなく世界中で評価の高い魚だ。お隣の国・韓国でもその人気は凄まじく、首都・ソウルには多数のマグロ料理店が存在する。

 

■韓国で人気『独島マグロ』

そんなソウルのマグロ料理店の中でも、かなりの人気と言われているのが韓国国内に数店舗ある『独島マグロ』(dokdo chamchi)だ。

日本固有の領土である島根県・竹島の韓国名がつけられたマグロ料理店、その名のとおり本当に竹島の海域で獲れたマグロを使用しているのか? 気になったので店へ行ってみることにした。

 

■店内は普通の和食店のようだが…

入店し店内を見渡すと、見た目は一般的な和食店のような感じである。

調理場にデカデカと「独島は韓国の領土です」といった説明が描かれた絵が飾ってある以外は…。

メニューを見てみるともっとも安いもので28,000ウォン、高いものでは120,000ウォンのセットがある。11日現在のレートでは、1ウォン=0.1円ほどだ。どれも頼むとセットの料理すべてが食べ放題になるらしい。

今回は一番人気の60,000ウォンのセットを注文。「マグロは竹島周辺で獲れたものではない」というが、果たしてどんな料理が出てくるのだろうか。

 

■セットはボリューム満点

まず出てきたのは、日本では珍しいおかゆと味噌汁のセット。おかゆも韓国テイストで美味しいが、味噌汁の出汁が効いていて意外に味が良かった。

次は刺身サラダにコチュジャンがかかったもの。こちらも普通に美味しい。

ほかにもチヂミやキムチなどの韓国料理が次々に出てきて、コレだけでお腹いっぱいになりそう。マグロはまだなのか…。

 

■お待ちかねのマグロが到着

そしてお待ちかねのマグロが到着。赤身に中トロなど定番の部位に…あと、なんだコレは?

得体の知れない白くて脂身がついている、大トロに似た刺身が入っているが、いままで見たことがない。

食ったらヤバいものかも? と思ったので知人の寿司店店主に聞くと、おそらく「しろかじき」という種類の魚ではということだった。

しろかじきはあまり日本では刺身で食べないため見ることがなかったが、一応食べても問題ない魚らしい。味はトロを薄くした感じ。

 

■予想に反して美味

店に勧められた、韓国海苔でマグロを巻き、わさびなどの薬味をつける食べ方に挑戦。こ、コレはッ…入店前の予想に反して、かなりウマい。

マグロ自体はものすごく良質というワケではないが、日本の居酒屋で出てくるのと同レベル。韓国海苔やごま油が旨味を補ってくれるので、日本人が食べても美味しく感じてしまうのだ。

しかも最初の5種だけでなく、マグロの頭の塩焼きや、カマトロの部分などを板前が追加してくれた。

さらにビビンバやタラのスープがつくのだから、食べ終わる頃には大満足である。

 

■店名の由来を店主に聞くと…

これだけ食べて物足りなかったらマグロを追加でき、日本円に換算したら6,000円なんて、コストパフォーマンスもかなりのもの。

コレで独島なんて名前がついてなかったら日本人でも気軽に利用できるのに…やはり店主は日本が大嫌いなのだろうか?

おそるおそる「なんで独島マグロって名前をつけたの?」と話を聞いてみると、驚きの返答がかえってきた。

 

■日本好きの店主だった

「私は名古屋に3年間住んでいて、日本も日本料理も好きです。独島マグロという名前は、独島(竹島)周辺の海域が美しいので、店のイメージを上げるためにつけました」

 

とのこと。『独島マグロ』という店名は、竹島を韓国領土と主張するためではなく、日本好きの店主が店のイメージ向上のためにつけていたのである。

日本で「竹島マグロ」なんて店をつけたら問題になりそうなものだが、韓国では大丈夫なようだ。

 

■店名に独島はいいイメージ

韓国では「自国領土だ」と声高に主張する人もいるが、現在は韓国が実効支配していることもあり、竹島はごく普通に「完全に韓国の物」だと思っている人が多いとのこと。

そのため飲食店に「独島」とついていてもとくに気にされることもなく、むしろいいイメージがつくのだそうだ。

 

■ソウルには『独島体験館』も

また、ソウルには韓国側が主張する竹島の歴史を展示した『独島体験館』もあり、韓国人には日本人が竹島に寄せる想いより強い想いがある。

しらべぇ編集部が昨年取材したが、日本では島根県に小さい資料館しかないのに、韓国は日本でいう東京に大規模な博物館を作っているほどだから、そうなっても仕方ないかも…と複雑な気持ちになってしまった。

 

■韓国よりも日本に問題が?

このまま独島とついた美味しい飲食店が韓国に増え、外国人観光客にも「独島(竹島)は韓国のもの」というイメージがついたら、いくら日本が史実に基づいた証拠を出しても、国際的に通用しなくなってしまうかもしれない。

独島マグロに行って感じられたのは、日本人が竹島について受け身すぎるということ。韓国側の問題よりも日本側が「あまりに主張しなすぎる」ことに対して問題があるという印象だった。

・合わせて読みたい→職人が握るスシローが開店!超いい店だが致命的な問題も

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集