ディープすぎる「ジャンプ愛」が止まらない『オー・マイ・ジャンプ!』

伊藤淳史、生駒里奈(乃木坂46)、馬場徹、柳俊太郎、斉木しげる、佐藤仁美、寺脇康文がコスプレで会見に登場

「勇者ヨシヒコ」シリーズや『孤独のグルメ Season5』、『バイプレイヤーズ』ほか、深夜枠にも関わらず、話題作を量産しているテレビ東京「ドラマ24」。

その記念すべき50作目として、今年創刊50年を迎える『週刊少年ジャンプ』(集英社)が全面協力し、オリジナルドラマ『オー・マイ・ジャンプ!~少年ジャンプが地球を救う~』が今夜12時12分に放送をスタートする。

■『週刊少年ジャンプ』の秘密クラブ

(画像提供:©️「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会)

飲料メーカーの冴えない営業マン・月山浩史(伊藤淳史)が外回りから帰って来ると、課長の阿久(浅香航大)が部下の水戸愛実(最上もが)を説教していた。

浩史より年下の阿久は、日頃から横暴な態度が目立ち、“ハラスメント将軍”と言われるほど。しかし社長の甥っ子ゆえ、怒られ続ける水戸を助けたいと思いつつ、浩史も逆らえずにいた。

公園でサボっていた浩史は、『週刊少年ジャンプ』を回し読みし、どのヒーローになりたいかで盛り上がる小学生を見かける。

「ヒーローなんてなれるわけがない」…そんなことを思っていると、浩史の前に突然怪しげな男・土田跳躍(斉木しげる)が。

(画像提供:©️「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会)

「いい店ありますけどいかが?」と声を掛けて来た土田に連れて来られたのは、『オー・マイ・ジャンプ!』と書かれた店。

中には「少年ジャンプ」の創刊号から最新号、各漫画の単行本がズラっと並び、「NARUTO」の格好をした火村智子(生駒里奈)、「アラレちゃん」の格好をした木暮美樹(佐藤仁美)、「聖闘士星矢」の聖衣を着た水川康介(寺脇康文)など、ほとんどの客が「少年ジャンプ」に登場したキャラクターのコスプレをしている。

(画像提供:©️「オー・マイ・ジャンプ!」製作委員会)

そう…そこはジャンプを愛する者だけが集う秘密の場所!「少年ジャンプ」の秘密クラブだったのだ!

 

■コスプレの完成度がすごい

11日都内で行なわれた会見には、出演者それぞれが劇中でも身にまとう、ジャンプに登場するキャラクターのコスプレ姿で登壇した。

主人公・月山浩史役の伊藤淳史は、「ONE PIECE」のモンキー・D・ルフィー。

奥手な大学生・火村智子役の生駒里奈(乃木坂46)は、「NARUTO」のうずまきナルト。

月山のライバルになる敏腕営業マン・黒塚朝日役の馬場徹は、「北斗の拳」のケンシロウ。

漫画家志望で、気弱なくせに強気な発言をしてしまう金城真治役の柳俊太郎は、「ろくでなしBLUES」の前田太尊。

ジャンプについて膨大な知識がある「オー・マイ・ジャンプ!」のマスター・土田跳躍役の斉木しげるは、「僕のヒーローアカデミア」のオールマイト。

ジャンプのヒロインに強い憧れがある妊活中の女医・小暮美樹役の佐藤仁美は、「Dr.スランプ」の則巻アラレ。

金融機関勤務で“無駄にダンディ”と思われている水川康介役の寺脇康文は、「聖闘士星矢」のドラゴン紫龍。

次ページ
■「ジャンプ愛」が止まらない

この記事の画像(18枚)

あなたにオススメ