『MASKMEN』覆面芸人「人印」の正体は斎藤工 「むしろ意外性がない」の声も

斎藤工が扮する「人印(ピットイン)」の本気の挑戦が始まる。野性爆弾・くっきーのプロデュースは成功なるか。

エンタメ

2018/01/13 12:00

(©「MASKMEN」製作委員会)

お笑いコンビ・野性爆弾のくっきーが出演するドラマ『MASKMEN(マスクメン)』(テレビ東京系)が、12日深夜に放送された。

くっきーが初プロデュースする謎の覆面芸人の人印(ピットイン)の成長や、芸人の葛藤を記録したドキュメンタリードラマだ。放送前から注目を集めていたが、第1話では人印の正体が明かされた。


画像をもっと見る

 

■謎の覆面芸人「人印」の斎藤工

(©「MASKMEN」製作委員会)

昨年10月、サンドウィッチマンや永野らが所属するお笑い事務所「グレープカンパニー」に所属し、ライブに突如現れた人印。

天の声であるくっきーの声に合わせて動き、ときおり「シュコー」とガスマスクの呼吸のような声を発するという奇怪なネタに、会場はざわつく。

そしてその正体は、共に舞台に立つ芸人はおろか、所属事務所の芸人たちにも知らされていなかった。

終演後、人印の舞台の出来に納得がいかないくっきーは「やっぱりシュコーが小さいっすねちょっと」「できるだけ声は大きく出す。あとは正面は絶対見る」とダメ出しをして、その場を後にした。

くっきーから“お叱り”を受け、うなだれながらマスクを外した人印。流れる汗をタオルで拭いながら、「いやぁ〜…そうですね…」とつぶやいた人印の正体は、俳優・斎藤工だった。


関連記事:斎藤工、絶不調のなか挑んだ収録でまさかの行動に 「テレビだよ?」

 

■人印になった理由は自分への苛立ち

(©「MASKMEN」製作委員会)

斎藤が「精神的なつながり」と言う、お笑いコンビ・ニッチェやミラクルひかるなど、さまざまなお笑い芸人たちが集う「阿佐ヶ谷会」の飲み会に参加した斎藤。

ニッチェとは過去に共演したバラエティ番組で、合同コントをしたことをきっかけに仲が深まっていったという。

斎藤はその番組で司会の1人を担当していたが、「代わりがきくポジションだなってずっと思ってた」と悶々とした思いを味わっていたと明かす。

そんな中、あるインタビューに監督の立場で参加した斎藤は、自身が「クリエイターぶった」態度を匂わせてしまったことに苛立ちをおぼえ、「お前はクリエイティビティーを匂わせていくのか!?」と自問自答する。

そして、その疑問に対する決断が、覆面を被り、匿名となって「本気で芸人になること」だった。

次ページ
■芸人たちとの対立も

この記事の画像(5枚)