ムード台無し! 誕生日に利用した飲食店で出された最低ケーキ3選

飲食店でケーキを用意してもらう際、喜びよりも不快に感じる出来事もあるようだ。

sirabee20180115orange001
(amanaimagesRF/iStock/Thinkstock)

家族や友達、恋人など大切な人の誕生日に、飲食店でお祝いをする人は多いだろう。

「誕生日で利用したい」ということを事前に伝えておくことで、ケーキを用意してくれる店もある。

だが、店側が用意したケーキのせいで、せっかくの誕生日に悲しい思いをしてしまう人もいるようだ。


 

①別料金を取るのに安っぽいケーキを出される

「予約をした際、『誕生日ケーキの用意には別料金がかかります』と言われたので、それなりにきちんとした物を用意してくるのかと思い、お願いしました。


しかし出てきたのは、家庭用のキットで作ったパンケーキに生クリームを適当に塗っただけのケーキ。


それにケーキ代として2,500円も取られました…」(女性・30歳)


関連記事:永野芽郁、20歳の誕生日サプライズに驚き 「初めてお祝いされました」

 

②名前を間違えていたのがバレバレ

「ケーキのネームプレートの名前が間違えており、店員に指摘したら『申し訳ございません。すぐに作り直してまいります』と言ってくれました。


でも、戻ってきたのは、間違えていた名前部分を拭き取って薄汚れたところに、上から新しく書き直したとわかるもので、なんだかな…という気分に」(女性・29歳)


③誕生日に不吉な予感を感じさせる

「客が誕生日の場合、サービスでケーキが付くお店だったんですが、ネームプレートが割れていて…。


『こちら製作中に割れてしまいまして…』と、申し訳なさそうに言われました。


あくまでもサービスなので文句は言いませんでしたが、お祝いの席で割れたプレートを出すって、ちょっと縁起悪いでしょ…と思っちゃいました」(女性・36歳)


■誕生日にサプライズ演出が好きなのは女性!

しらべぇ編集部は、全国20〜60代の男女1,365名に「人前での誕生日サプライズが嬉しいと感じるか?」調査したところ、男性に比べ、女性のほうが約5ポイント「嬉しい」と感じる人が多い結果に。

誕生日

特別な日に利用する時には、どんなケーキを用意してくれるのか、店の評判を事前にチェックしておいたほうがいいかもしれない。

・合わせて読みたい→森渉、妻・金朋の“アンパンマン攻撃”に困惑 「娘が飽きない程度に抑えて」

(文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年12月16日~2016年12月19日
対象:全国20代~60代の男女1,365名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ