「まるで最終回!」と絶賛の嵐 『99.9』深山父の事件の真相が判明

SEASONⅠでは、謎のままだった26年前の深山の父の事件。第2話では、その真実が明らかになった。

松本潤・木村文乃
『99.9』

嵐・松本潤主演『99.9―刑事専門弁護士―SEASONII』(TBS系)の第2話が21日に放送された。

初回から松本演じる型破りな弁護士・深山大翔の活躍とさむ~いオヤジギャグに喜びの声があがっていたが、第2話も大好評。あまりの完成度の高さに「最終回みたい!」という声が殺到している。



 

■第2話のあらすじ

この日、深山は故郷である金沢を訪れる。26年前に発生した、父・大介(首藤康之)が犯人とされていた殺人事件の被害者、美里(野々すみ花)の妹・美由紀に呼び出されたのだ。

そこで深山は美由紀から見覚えのない水晶の遺留品を受け取ることに。しかし、それは美里ものでも、大介のものでもなかった。

つまりこれは事件現場に第三者がいたという新たな証拠。深山は、この事件をもとに26年前に隠された真実を追及する。それは、大介の事件の担当だった宿敵・大友検事(奥田瑛二)との対決でもあった。


関連記事:『99.9』娘に彼氏が発覚し破局を祈る…香川照之演じる佐田が「最低すぎる」

 

■遺留品は、縁結びのお守り

斑目法律事務所の所長・斑目晴彦(岸部一徳)の策略により、明石(片桐仁)・舞子(木村文乃)・佐田(香川照之)らも金沢に駆けつける。

その後、遺留品は神社の縁結びのお守りであることが判明。早速、深山たちはそのお守りが売られている山頂の神社へ向かい、管理事務所で入山記録があることを知る。

名簿の中にお守りを買った人物の名前があるかもしれないと考えた深山たちは、ページを確認。犯人と思われる人物の名前を見つけだしたのだ。

次ページ
■隠された証言