真矢ミキ、是枝瞳らが日枝神社で豆まき 会場は両手上げて大盛り上がり

豆を求めて叫んで奪い合う人たちのエネルギーがスゴい

エンタメ

2018/02/04 06:30

3日、真矢ミキ(54)や是枝瞳(22)、歌手の西田あい(29)が日枝神社の節分祭の豆まきに参加。会場には、小池百合子東京都知事の姿もあった。


 

■豆まきが始まれば会場は大盛り上がり

12時から開始された節分。撒かれた豆を奪い合う会場の人たちこそ、鬼のようだ。誰も彼もが自身に豆を投げてもらおうと「真矢さん!」「ミキさん!」と声を振り絞る。

壇上の豆を撒く側は会場とは打って変わって、優雅な立ち振舞い。声に応えて、ポーンと大豆を放り投げたり、身近な人に手渡し。今回で3度目の真矢は手慣れていた。

ブログで「気持ちはマー君でがんばります」と綴っていたが、まさにその言葉通りの遠投を見せる場面も。

是枝もにっこり笑顔で、豆を投げる。だが、熱気にあてられたのか、すこし強張っていたかも。


関連記事:節分といえばやっぱり豆まき! でも実施する家は減少中?

 

■歌手の西田あいは縦横無尽に歩き回る

「福は内、福は内」と声を出しながら、手持ちの豆を投げる西田。舞台の上を縦横無尽に動き続ける。あちこちで「西田さーん」と呼びかける声も多かった。

たっぷり30分の節分タイム。途切れることなく、豆をまとめた袋や、一粒の豆が飛び交った。バラバラと豆をぶつけられると、ほんのり痛い。会場には子供もおり、会場の雰囲気に酔ったのか泣き叫んでいた。

会場には、女優や歌手、政治家だけでなく、ピーポくんのようなマスコットの姿もある。奉仕料を納めた一般人も。豆を撒かれる会場の人たちから「来年は撒く側になりたい」と零す声も聞こえた。


■節分祭追儺神事は無事終了

もみくちゃになりつつも、節分の豆まきは無事終了。芸能人を間近に見られるどころか、豆を振る舞ってもらえるチャンスもあるこの神事。豆を撒く側になるのも、撒かれる側になるのも、良い思い出にはなる。

気になった人は、来年の節分祭は行ってみるとよいかも。

・合わせて読みたい→松本人志、左利きの豆知識披露も「右利きで良かった」の声が続出したワケ

(取材・文/しらべぇ編集部・モトタキ

この記事の画像(13枚)