徳島県の巡査2名が試験でまさかのカンニング 「警察官にあるまじき行為」と怒りの声

徳島県の警察学校で巡査2名が答案用紙を見せ合うカンニング。その代償は重いものに…

社会

2018/02/06 18:30

警察官
(paylessimages/istock/Thinkstock)

警察官は一般市民を取り締まることができるだけに、品行方正な行動が求められる。しかし、昨今は警官による犯罪が多々発生。

そのたびに、「どうしてそんな人間を警察官として採用したんだ」「警察も信用できない」など、一般人から不満や疑問の声があがり、信頼も揺らいでいる。そんな中、またもありえない不祥事が発生した。



 

■巡査が試験中にカンニング

不祥事を起こしたのは徳島県の男性巡査2名。今年12月、警察学校で行われた試験中、隣同士にいた2人が、答案用紙を見せ合っていたのだという。

試験後、その様子に不信を感じていた教官が、行動について確認。警察官の目は鋭く、嘘で切り抜けられないと察したであろう両巡査は、カンニングを認めた。

ちなみに、両名は試験前に「見せ合う」ことを約束していたという。


関連記事:カンニング竹山、生放送で語った恋愛観に絶賛の声 「励まされて涙が出た」

 

■代償は重いものに

「出来心」でカンニングをしたのだろうが、代償は重いものに。巡査2名には「所属長訓戒」の処分が下され、その日のうちに両者とも依願退職することになったのだ。

その行為は幼稚でモラルを欠いた行為といわざるをえないだけに、「居づらく」なってしまったのかもしれない。

評価や成績を上げたいという気持ちもカンニングに至った動機の1つだったものと思われるが、それが仇となり、逆に職を失ってしまうことになった。

次ページ
■ネット民は怒りの声

この記事の画像(1枚)