ここぞの時に運を味方につける! お守りを持ち歩くのはどんな人?

お守りを持ち歩いているか調査を実施した。

ライフ

2018/02/19 08:00

(©写真AC)

大事な仕事や試験などをうまく乗り切るために、ジンクスや験担ぎをしている人は少なくないはずだ。

中でも、開運を願い御利益を求めてお守りを購入したり、肌身離さず持ったりする人もいるだろう。


画像をもっと見る

 

■お守りを財布や鞄に入れている?

しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,344名を対象に、お守りを財布や鞄に入れているか調査を実施した。

全体の36.0%と、およそ3人に1人が、お守りを身につけていたり、持ち歩いたりしていることが判明した。男女別では男性31.0%に対し、女性は41.1%と男女で10ポイントの差があり、やはり女性が多く持ち歩いているようだ。

年代別で最も割合が高かったのは、40代女性の45.2%で、次いで60代女性の43.3%と、若い世代よりも持っている率が高くなっている。一方で、20代男性は27.6%、30代男性が28.1%と、若い男性層では所持率が3割を切る結果となった。


関連記事:みきママ、受験生必見「頭が賢くなる揚げ物」考案 その具材は…

 

■所得が高い人ほどお守りを持つ

また、年収別では、700万未満の各金額帯では大きく変わらないものの、700万円以上で42.9%と4割を超えている。

ここぞという場面でギュッと握るなどして、気を落ち着けたり、金運を上げるために持ち歩いたりするほかにも、大事な仕事や試合、就職活動での必勝を願う人や、家内安全や家族の健康を祈願し、不慮の事故や災難に遭わないように念じる人もいる。

また、これから受験シーズンが本格化し、受験する本人よりも、験担ぎに必死になってしまう家族も少なくないはず。春にはお守りや験担ぎの効果が実感できることを祈りたい。

・合わせて読みたい→「デリカシーなし!」 10代は6割の人が周りに無神経な人がいる?

(文/しらべぇ編集部・小河 貴洋

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年12月15日~2017年12月18日
対象:全国20代~60代の男女1,344名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)