「ハッピーにバイバイしてね!」 だいすけお兄さんが「お別れ」の後押し

日本マクドナルド「ハッピーりぼーん」プロジェクト設立発表会に横山だいすけが登場。おもちゃとの「ハッピーなお別れ」を呼びかけた。

21日、日本マクドナルド「ハッピーりぼーん」プロジェクト設立発表会が行なわれ、横山だいすけお兄さんが登場。子供たちと一緒にダンスを披露し、プロジェクトへの参加を呼びかけた。


画像をもっと見る

 

■「ハッピーりぼーん」プロジェクトって?

この日発表された、「ハッピーりぼーん」プロジェクトとは、

「遊ばなくなったハッピーセットのおもちゃを全国の店舗にて回収しリサイクルする、日本マクドナルドと環境省の共同プログラム」


のこと。

店舗に赤いボックスを用意し、

プラスチック製のおもちゃを対象に回収。おもちゃを持ってきてくれた子供たちには、感謝のしるしとして「ハッピーりぼん」がプレゼントされる。

大人が巻くには、ちょっと小さめ。回収されたおもちゃは、店舗で使用するトレイに生まれ変わるという。


関連記事:バーガーキングからマックへのメッセージが話題に 「ライバル店への敬意を込めたエール」

 

■「すごく光栄」

CMでも着用している「ハッピーりぼーん」カラーのジャケットで登場しただいすけお兄さん。異常なまでに似合ってる…。

「仲良しだもんねー」と、ドナルドと手をつないで笑顔に。

今回が「マック謎とき探検隊」に続いてのマクドナルドのCM出演について、「社会的にも意義のある取り組みに続けて参加させていただけるのは、すごく光栄に思います」と語る。


■ハッピーなお別れ

さらに、「ハッピーりぼーん」キッズの4人も登場! 一気に会場が賑やかに。

実際に、ハッピーセットのおもちゃを回収ボックスに入れていく子供たち。

だいすけお兄さんは、「大きな声でバイバイ言えたね」「きっとおもちゃも喜んでるよ」と声をかけながら、腕にリボンを巻いていく。

子供たちもうれしそう!

「子供にとってのおもちゃって大切なものなんですけど、子供たち自身が(おもちゃを箱に)入れることに意味があるんじゃないかなって思います」と話し、「ハッピーなお別れ」と表現する。

3月中旬から公開される「ハッピーりぼーん」ダンスも、子供たちと一緒に披露。

「みんな、おもちゃを持ってマックに集合して、ハッピーにおもちゃとバイバイしてね!」と呼びかける、だいすけお兄さん。

23日からマクドナルドの店舗に回収ボックスが設置されるので、「遊ばなくなったハッピーセットのおもちゃがあるけど、処分しづらい…」と思っているお母さん・お父さんは、子供と一緒に「ハッピーなお別れ」をしに行ってみては。

・合わせて読みたい→工藤静香、アカペラで歌う自撮り動画公開 ファンに「ハッピーバースデー」

(取材・文/しらべぇ編集部・たつき あつこ

この記事の画像(12枚)