しらべぇ

指原莉乃、メンバーの事故に「本人の不注意」と反論 「ブラック社畜」と批判殺到

AKB48グループで立て続けに落下事故が発生。運営の責任が問われる中、指原莉乃の発言が物議を醸している。

エンタメ

指原莉乃

HKT48の指原莉乃(25)が2日、コンサート中にメンバーがステージから落下して負傷する事故が相次いだことについて言及。

運営側の責任を問う声に対して反論し、ネット上で賛否が巻き起こる事態に発展した。

 

■立て続けに落下事故が発生

事の発端は、AKB48・稲垣香織(20)やHKT48・秋吉優花(17)がステージから落下する事故が立て続けに発生したこと。

これについて、グループ総監督である横山由依(25)は2日に「2階席のファンの方々に手を振ろうとしたりして、一生懸命やろうとしている中で、起きた事故でした」と説明。

さらに「一生懸命やることが事故の言い訳になる訳ではありませんが、私たちは全力でやっている分、危険がそばにあるんだということを再認識しました」と事故の再発防止に努める旨を発表した。

 

■「対策も何もないです」と持論を展開

横山の発言を受け、指原もツイートを引用するかたちで「対策も何もないです、こればかりはステージに立つ人間が気をつけるしかない」と持論を展開。

スタッフからイヤーモニターで「落ちないで!」と常に注意されていることから、落下したことは本人たちの不注意によるものとした。

運営の安全管理に問題があるとの指摘についても「なんでも運営運営っていうのは違うんですよねえ」と演者にとっては厳しい意見を述べた。

 

■「プロ意識がない」と批判の声

運営だけの責任ではないとする指原だが、共感する意見の中には「自己責任」「本人の不注意も必ずある」とし、運営ばかりを批判すべきではないとの声があがった。

・自己責任でしょ会場のフロアを把握していないのか? 気持ちが高まって注意できない状態だとして自己責任

 

・俺も自己責任だと思うのよ。演者だったら舞台の大きさは把握して然るべきだから。この件に関しては指原の言う通り運営は関係ないと思う

 

・これは指原が正しい。リハーサル通りにやっていれば、基本的には落下などしない。つまり本人が立ち位置を間違えているか、調子に乗ってファンサービスに夢中になって目測誤ったかどちらか。要は「プロ意識がない」。ただそれだけ

 

■「ブラック社畜」と厳しい声も

一方で、指原の意見に異を唱える声も。演者の自己責任で終わらせてしまうと再発防止につながらないという声や、トラブル対処を含めて運営の責任だとする声があがった。

中には、運営を守りそこで働く演者に厳しい姿から「ブラック社畜」と揶揄する意見も。

・事故原因を、「本人の注意不足」で済ませたい気持ちはわかるけど、永久に「正しい再発防止」策は生まれないと思う

 

・これ普通に労災。ヒヤリハットで終わらせとくのは運営側の重要な仕事。注意喚起もいいけど疲労が溜まってる現場に負担を寄せるのは違う

 

・指原さん、たまにブラック社畜みたいなことを言うのでマジでひく

 

■勤めている企業はブラック?

「まるでブラック企業の考え」との声もあがっている指原の発言。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の有職者の男女747名に「勤めている企業・組織」について調査すると、約2割が「ブラックだと思う」と回答した。

勤めている会社でトラブルがあった際に「自己責任」と言われてしまうと、ブラック企業だと疑ってしまう人も多いだろう。

 

波乱を呼んだ指原のツイートだが、現在は削除されている。今やグループのトップにいるだけに、発言の一つひとつが注目される立場だ。本音も大切だが、安易な発言は身を滅ぼすのかもしれない。

・合わせて読みたい→列車と接触した中3男子が死亡 「自己責任」厳しい声が相次ぐ理由

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年2月19日~2016年2月22日
対象:全国20代~60代の働く男女747名

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu