長澤まさみセクシー姿も「そっち!?」な『コンフィデンスマン』副音声も好評

副音声企画「五十嵐のスウィートルーム」がおもしろすぎて毎回やってほしいレベル

エンタメ

2018/05/01 14:00

豪華すぎる仕掛けで、長澤まさみ、東出昌大、小日向文世が信用詐欺師として大物を騙す痛快ドラマ『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)。

今作で最大のスケールとなる第4話が、4月30日夜9時より放送された。


 

■映画マニア編

長澤まさみ,東出昌大,小日向文世,佐野史郎
(画像提供:(C)フジテレビ『コンフィデンスマンJP』

食品メーカー・俵屋フーズで工場長を務めている宮下正也(近藤公園)が、自社製品の産地偽装を告発しようとしていたことを偶然知ったダー子(長澤まさみ)。ヒット商品の缶詰「うなぎのカレー煮」は国産をアピールしているが、実際は外国産のうなぎを使用していたのだ。
宮下は、同社社長・俵屋勤(佐野史郎)の脅しに屈し、告発文を出すことはできなかった。

俵屋は典型的な二代目のお坊ちゃんで、公私ともにやりたい放題、社員へのどう喝、セクハラも日常茶飯事、というとんでもない男。そんな俵屋を新たなターゲットに選んだダー子は、彼が熱狂的な映画ファンであることに注目。俵屋が定期購読している『月刊キネマ新報』を利用し、“映画人が愛した銀座のカフェバー・スワンソン”なる記事を載せたニセモノと差し替え、彼を店に誘い込むことに成功する。

東出昌大,小日向文世
(画像提供:(C)フジテレビ『コンフィデンスマンJP』

そこで、新人映画監督に扮したボクちゃん(東出昌大)と、映画プロデューサー役のリチャード(小日向文世)が巧みに俵屋に近づき、オールスターキャストで制作されるという新作時代劇映画への出資を持ちかけるが、俵屋はボクちゃんたちの話にかなり興奮していたにもかかわらず、何故か出資話には乗ってこない。

東出昌大,佐野史郎,小日向文世
(画像提供:(C)フジテレビ『コンフィデンスマンJP』

さまざまな手を繰り出し、ようやく俵屋から出資の確約を引き出すが、映画マニアの俵屋は出資者として、映画作りに盛大に口を出し始め…。


関連記事:最終回がエピソード0で『コンフィデンスマン』無限ループ続出 既に五十嵐ロスも

 

■ゲストがすごすぎ

佐野史郎
(画像提供:(C)フジテレビ『コンフィデンスマンJP』

今回のターゲット・映画マニアである俵屋勤役を演じたのは、佐野史郎。典型的な二代目のお坊ちゃんで、公私ともにやりたい放題という強烈キャラにもぴったり。また、佐野といえばかつてフジテレビ系の深夜番組「銀幕会議」のMCを担当していたことからも、映画マニア役は適任だ。

アクの強い俵屋を演じる姿が「楽しそう」と感じた視聴者が多かったが、盛り上がったのは「素人役の演技が上手すぎる」という点。

https://twitter.com/zenzen3002/status/990939073366843392

また、今回は俵屋が愛読する『月刊キネマ新報』の表紙を飾ったのが、生瀬勝久と船越英一郎で、「リアルすぎる」「これだけって、豪華すぎ」とTLは沸いた。

そして、本人役として登場の伊吹吾郎にも、大喜びする人が…。

さらに最後のオチを伊吹がさらっていく展開に、「そこか!」となる人が少なくなかった。

次ページ
■ダー子がセクシーを学習

この記事の画像(11枚)


あなたにオススメ