「毒を吐いてくれる人」が愛される? 同性に好かれる女性の特徴3選

ライバル視しがちな同性にモテる人は、一体どんな性格をしているの?

sirabee20180411jyosei000
(AID/a.collectionRF/iStock/Thinkstock)

嫉妬してしまったり、ライバル視してしまったり…女同士だからこそ、人間関係が面倒くさくなりがち。しかし、その一方で「マイナスの感情すら生まれない!」ほど、憧れる存在もいるはず。

いったいどんな人が、「女性に好かれる女性」なのだろうか。



 

①マイナス面をもっている

「笑顔で前向きなのに、たまに毒を吐く人は一緒にいて楽。文句なしの優等生タイプは、いい人すぎてちょっと距離を感じちゃう」(20代・女性)


「私は少しネガティブだったり、ダメなところがあったりする人のほうが人間味があって好き。ポジティブの塊みたいな人だと一緒にいて疲れてしまう」(30代・女性)


「誰に対しても明るく、平等に接してくれる人。あと大事なのは、仕事と休憩でちゃんと切り替えができること。尊敬している先輩は休憩中たまに弱みを見せたり、毒吐いたりするから素敵」(30代・女性)


「気を使いすぎる人は、こちらも気が休まらないから疲れる。楽しいことも嫌なことも素直に表現してくれる人が好き」(40代・女性)


関連記事:好きだけど結婚を考えられない男性の特徴とは 共感の声が相次ぐ

 

②場の空気が読める

「人の悪口の話が出ているときは会話に参加せず、もはや無の状態でいられる人かな。そこで話に入ってきて話を止めたら、偽善者みたいになっちゃうし…」(20代・女性)


「言葉は悪いけど、八方美人。誰にでも同じように明るく接する、噂話はスルー、悪口はヘラヘラと交わして同意しない」(30代・女性)

次ページ
③共感してくれる

この記事の画像(1枚)