しらべぇ

なぜマツコは王将からSUBWAYに乗り換えた? ミもフタもないその理由とは

14日深夜に放送された『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)で、村上信五とマツコ・デラックスが、あふれる「王将愛」を語った。

エンタメ

マツコ・デラックス

14日深夜放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)にて、「村上・マツコがハマっているモノについて」のトークが展開され、村上信五(関ジャニ∞)とマツコ・デラックスが、あふれる「王将愛」を語った。

 

■王将の餃子を2ヶ月食べ続けたマツコ

話題の口火を切ったのは村上だった。「僕、今王将ローテーションですよ。ガーリックチャーハン、麻婆豆腐、餃子、杏仁豆腐(を必ず頼む)」と明かすと、「杏仁豆腐で全部帳消しにしたつもりでしょ」とマツコの鋭い指摘が飛ぶ。

村上が「あそこの杏仁豆腐、パンパンに入ってるねん。パンパンやねん!」と杏仁豆腐への熱すぎる思いを口にすると、マツコは「あたし王将の餃子を2ヶ月食べ続けたことがあります」と告白。

なお蛇足ではあるが、村上が話題にしているのはおそらく『大阪王将』のことであると考えられ、マツコのほうは『餃子の王将』を指しているのではないかと推測できる。視聴者からも同様の意見が見られた。

どちらも餃子をメイン商品に据えたチェーン店であり、源流も同一であるため、ここでは便宜上大差ないものとして考えたい。

 

■なぜSUBWAYに?

かつて勤務先の近所に王将があったというマツコは、「(毎日何を食べるか)考えるのも面倒くさくなって、天津飯と餃子。同じものを2カ月、毎日食べてました」と必要以上に強い口調で熱弁した。

これには村上も「近隣だったらそうなるわな」と納得するも、すかさずマツコは「その後SUBWAYにくら替えした」と意外な事実を口にする。

SUBWAYはアメリカ資本のチェーンで、長楕円形のサンドイッチを主力商品とするファストフード店。王将とは全く異なるタイプの飲食店だ。

「なぜそんなあたしがSUBWAYに行ったか。なんでだと思います?」と問いかけると、村上は少し考えてから「さすがに味に飽きたんじゃないですか」と推論を立てた。

するとマツコはゆっくりと丁寧な口調で、「王将よりも手前にSUBWAYがオープンしたんです」と述懐。要するに「近いから」という、あまりにもミもフタもない真相を明らかにしたのだった。

 

■ランチ外食派は意外と少数

しらべぇ編集部が全国20〜60代の有職者620名を対象に「勤務時のランチ」について調査を実施したところ、外へ食べに行くという人は22.3%と少数であることが分かった。

ランチ 調査

そもそも外食する時間が取れない、近くに飲食店がない、お金を節約したいなど理由はさまざまだが、「自分の席で済ませる」人が最も多く、38.1%に上っている。

ランチタイムは単に空腹を満たすためだけではなく、リフレッシュの意味でも重要な時間だ。効果的に仕事スイッチをオンオフすることで、仕事の能率にも好影響があるはず。

人にはそれぞれ事情があるとは言え、なるべくランチタイムは有効に使ってもらいたいものだ。

・合わせて読みたい→4人に1人いる「不味い料理食べたい派」の気持ちわかりますか?

(文/しらべぇ編集部・ナカニシキュウ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年4月21日~2017年4月24日
対象:全国20代~60代の有職者620名(有効回答数)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu