無印良品の道の駅風施設『みんなみの里』に行ってみた結果

無印良品らしいクオリティ! 道の駅風施設『みんなみの里』に行ってみた

2018/05/31 11:00

海外にも店舗を展開し、高品質な雑貨や食品が多数そろう『無印良品』。そんな無印良品が、千葉県鴨川市に道の駅風の施設を作ったとのことで、しらべぇ取材班はさっそく行ってみたぞ。


画像をもっと見る

 

■都内からも2時間かからず着ける

その施設『みんなみの里』は、都内からアクアラインを経由すれば2時間かからず着くことができるため、アクセス良好。

施設は無印良品の店舗と、地元の特産品を販売する店が併設されているカフェ、商品を開発する工房がある。


関連記事:「東京人はあまり食べない」と知ると熊本県民がビビるコノシロが激ウマ

 

■直売所やカフェも

特産品を販売する店ではスーパーにくらべ少し安い価格帯のフルーツや野菜、加工品がたくさん。

カフェは休日なだけあり、7割ほど席が埋まっていた。

次ページ
■ジビエカレーはメチャウマ
無印良品千葉県道の駅みんなみの里鴨川市
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング