見た目のインパクト大! ローソンストア100『具のせおにぎり』実食

お好み焼、ナゲット、かつ丼などをおにぎりの上にのせたビジュアルが話題の『具のせおにぎり』を食べてみた!

グルメ

2018/06/01 12:00

ローソン100具のせおにぎり
(画像提供:ローソン100)

ごはんの上にボリューム満点の具材をのせた、ローソンストア100の『具のせおにぎり」シリーズ。どれもインパクトがあり、ネットやSNSでも話題となっている。

そこで、5月30日現在で販売されている8種類から、実食当日手に入った商品を、しらべぇ取材班が食べてレポートする。


 

■かき揚

かき揚

具のせおにぎりの元祖として、現在でも毎月約10万個販売されている『かき揚』は、10年ほど前から販売しているロングセラー商品。

甘辛く味付けしたかき揚を塩飯の上に乗せた「かき揚げ丼」をイメージしたおにぎり。

食べてみると、ネギやにんじんなどの野菜の味がしっかりしていて、かき揚げ茶漬けにしても美味しそうだ。


関連記事:イモト『イッテQ』スタッフの「恋愛事情」を暴露し批判殺到 「鬼!」との声も

 

■メンチカツ

メンチカツ

『メンチカツ』は5月9日から発売中。厚みがあるメンチカツにソースがたっぷりと塗られていて、ご飯は茶飯おにぎり。

一口食べると、ガツンと効いたソースの味とメンチカツの脂が同時に口の中へ押し寄せ、シリーズの中でもとくにボリューム満点。時間がなくてもガッツリ食べたいときにピッタリだ!


■ナゲット

ナゲット

5月30日からソースの味をバーベキュー味からてりやきソースに変更してリニューアルした『ナゲット』。ソースにくぐらせたナゲットを味付けご飯おにぎりの上に乗せている。

ナゲットとおにぎりの組み合わせは味の想像がつきにくいが、ナゲットのてりやきソースが意外にご飯によく合い、ボリューミーながらとても食べやすい。

マヨネーズが入っている

また、ナゲットとごはんの間のマヨネーズが隠し味になっていて、マヨとてりやきの相性も抜群だ。

次ページ
■牛たま

この記事の画像(17枚)


あなたにオススメ